その歪な恋情は、血の匂いを纏ってあえかに微笑む【完】

 前の話

次の話 



「……茉莉。彼氏とは、もうキスした?」

「……っ……」


 俺の質問に真っ赤になって身を固める姿を見て、嬉しさからクスリと笑い声を漏らす。


「……そっか、まだなんだ。じゃあ、練習だと思えばいいよ」


 開いていた距離をグッと縮めれば、俺から逃れようと後ずさる茉莉。

 その細腰をグイッと掴んで引き寄せれば、華奢な茉莉の身体はいとも簡単に俺の腕の中へと収まった。


「……っ蓮! 変な冗談はやめてよっ!」

「冗談……? さっきキスしたばっかりなのに、もう忘れた? ……冗談なわけ、ないだろ」


 こんな状況でさえも、冗談として処理されてしまう、茉莉の中での”俺”という存在。

 どこまでいったって、茉莉にとって結局俺はただの”幼なじみ”で、それ以下でもそれ以上でもない。

 男としてすら、みてもらえていないのだ。

 その事実が酷く苦しく、俺の気持ちは宙ぶらりんのまま激しさを募らせ激情した。


「……っ……ゃ……っ!」


 逃げられないよう、ガッチリと茉莉の頭と腰を引き寄せると、噛みつくようなキスを何度も繰り返す。

 どうにかして離れようともがく茉莉は、俺の胸を懸命に押しやるも男の力に敵うはずもない。

 より深いキスへと変わる頃には、互いに息つく暇もなく呼吸は乱れ、その荒い呼吸音だけが、やけに官能的に脳内に響いていた。

 腕の中にいる茉莉の手からは小刻みな震えが伝わり、その力はとても頼りなく脆弱ぜいじゃくで。
 俺の胸を押しているのか、すがっているのか……。

 もはや、それすらわからない。

 妙な征服感と高揚感に酔ってきたせいか、これは茉莉が自ら俺に縋っているのだと。

 そう、自分の都合のいいように錯覚してしまいそうになる。


「……っ!」


 鋭い痛みに咄嗟に顔を離すと、噛まれた唇を拭いながら茉莉を見つめた。

 先程俺がつけたばかりの傷痕はしとどに濡れそぼり、乾くことを許されない傷口からは、未だにじんわりと血が滲んでいる。

 
「……っ! やめてっ!! 蓮は……っ! 私の、一番大切な人なのに……っ!!」

 
 涙に濡れる瞳で俺を睨みつけた茉莉は、それだけ告げると飛び出すようにして部屋を後にした。


(一番大切だっていうなら……。なんで、彼氏なんて作ったんだよ……)


 俺の思う”大切さ”と、茉莉の思う”大切さ”は全く別のもので。

 どこまでいっても重なり合うことのないその思いに、深い哀しみと絶望は更に膨らんでゆく。

 ーーそれと同時に

 この期に及んでもまだ、”大切”だと言ってもらえたことに嬉しさも感じる。

 それはとても矛盾した感情で酷く歪なもので、ドロドロとしたものが全身を駆け巡っては俺を苦しめる。


「……っ茉莉……。茉莉……っ」


 唇に付着した茉莉の血を舌で舐め取れば、それは俺の血と混ざって喉へと流れた。

 茉莉の細胞は、こうも簡単に俺と混じり合うことができるというのに……。

 決して手に入れることのできない”心”に激しく想いを募らせ、痛む胸元をギュッと抑えると、一人、静かに涙を流したーー










 ーー中学三年の、初夏。

 初めてのキスは、酷く鉄臭い血の味がした。


0