その歪な恋情は、血の匂いを纏ってあえかに微笑む【完】

 前の話

次の話 




ーーあれから三年

 

 俺達は、未だ”幼なじみ”の関係を続けている。


 あの日、確かに何かが変わることを期待して行動に移したはずだった。

 だけど、そんな俺の願いは無情にも打ち砕かれた。

 翌日、普段となんら変わらぬ様子で俺の前に現れた茉莉。


『蓮は私にとって、この世で一番大切な人。だからーー今までもこれからも、私と蓮の関係が変わることはない』


 そうハッキリと宣言された時の絶望感は、今でも忘れはしない。

 時の流れとは無慈悲なもので、あの時の傷は癒えぬままーー
 
 ただ、いつしかその痛みに慣れることだけを学んだ。





 教室の片隅で、窓辺に佇み静かに外を眺める。

 今しがた登校してきたばかりの茉莉の姿を見つめては、キリキリと痛む胸にそっと蓋を閉じて小さく息を吐く。


「ーーおっはよ! 蓮」


 ポンッと軽く肩を叩かれて振り向けば、朝から元気な笑顔を見せる一樹と視線がぶつかった。


「……おはよ。相変わらず、今日も暑苦しいくらいに元気だな」

「そういうお前は、今日も消えそうな程に儚い美少年だな」

 
 嫌味たらしく挨拶を返せば、それは更なる嫌味を乗せて返ってきた。


(なにが、儚い美少年だ……)

 
 確かに、昔からイケメンだの美少年だのと騒がれてはいるし、それなりにモテる自覚はある。

 だけど、その魅力が茉莉に伝わらないのなら、そんなものには何の価値もない。
 
 再び窓の外へと視線を戻すと、それを追うようにして外へと視線を向けた一樹は、小さく溜め息を吐くと口を開いた。


「次の彼氏は、二組の宮内か……。相変わらずモテるね、蓮の幼なじみちゃんは」


 男と並んで歩く茉莉を眺めながら、薄く笑った一樹。

 俺はそんな一樹の言葉を遠く聞き流しながらも、ズキリと痛む胸に顔を歪めた。


 俺のことが”一番大切”だと告げながら、次々に新しい恋をしては彼氏を作ってきた茉莉。

 それはどれも短いもので、長くても一ヶ月ほどだった。

 他の男はこうも簡単に手に入れることができるというのに、決して俺にだけは許されない”恋人”というポジション。

 
『蓮は、この世で一番大切な人』


 そう告げらる度、俺の”心”は酷く傷付き黒く蝕まれていった。

 その”痛み”は癒えることなく歪み続け、やがて中毒性のある麻薬のような快楽となって、俺の中にある茉莉への”愛情”を着実に狂ったものへと変えていく。


「……蓮。お前も、随分と報われない恋してるよね……。モテるんだから、彼女でも作ればいいのに」

「……お前は、何もわかってないよ」

「…………。わかりたくもないね、そんな辛そうな恋……」


 一瞬、俺に向けて哀れむような顔を見せた一樹は、それだけ告げると小さく微笑んだ。




0