キャンディータフト【完】

 前の話

♡2

次の話 




「皆んなと会うのも、久しぶりだね。何度かこっちには来てたんだけど……。高校に入ってからは、皆んなバラバラで会えなかったし」


 隣を歩く大ちゃんを見ると、懐かしそうな顔をして微笑んでいる。

 何度かこっちに来ていたなんて知らなかった私は、その時に会えなかった事を残念に思った。

 
(いつ、来てたのかな……)


 高校に入ってからなら、会えなかったのも仕方のない事だ。そう、自分に言い聞かせる。


 この島には、中学校までしかない。

 その為、高校生になると皆んなこの島を離れて寮に入って生活をするか、一日数本しか出ない船に乗って片道一時間半かけて通う事になる。

 そんな不便さからか益々人口は減り、ついには島に唯一あった中学校もこの夏には小学校と合併して一つになってしまうのだ。

 先程、大ちゃんが話していた事を思い出すと、この学校がなくなってしまう事を寂しく感じる。


「皆んなに会えるの、楽しみだね」

「うん」


 笑顔を向ける大ちゃんにそう返事を返すと、少しきしむ古びた廊下を2人並んで歩いて行く。

 チラリと隣にいる大ちゃんを盗み見てみると、だいぶ背が高くなり大人っぽくなったその姿に、何故だか急に恥ずかしくなってきて慌てて顔を俯かせる。

 昔は、私とさほど変わらなかった大ちゃんの目線。こうして並んでみると、随分と変わってしまったのだと改めて気付かされる。

 可愛らしかった顔はすっかりと男の顔になり、思わず見惚れてしまうほどにカッコよく成長している。


(やっぱり、好きだな……)


自分の気持ちを再確認した私は、火照った頬を両手で包むとこっそりと微笑んだ。

 そのまま大ちゃんと2人で校舎を抜けて校庭へと出た私は、窓から見えた大きな木に目を向けると足を止めた。

 教室からではよく見えなかった花も、こうして近くで見ると綺麗に咲いているのが良く見える。

 一つ一つは小さく可愛らしい花でも、満開に咲き誇っている姿はとても立派で力強い。

 立ち止まった私に気付いた大ちゃんは、私の視線の先にある桜の木を見ると口を開いた。


「……綺麗だね。ひよと一緒に見れて良かった」

「うん……凄く綺麗。この木、どうなっちゃうのかな……?」


 取り壊しの決まっているこの学校は、来月から工事が始まると先程大ちゃんから聞かされた。

 この立派な桜の木も、一緒になくなってしまうのだろうか?


(こんなに、生き生きとしているのに……)


「大丈夫。小学校に植え替えするらしいよ」


 そう言って私に向けて微笑む大ちゃんに、小さく微笑みを返す。


(良かった……)


 再び目の前の桜の木に視線を移すと、幸福な気持ちで満たされてゆく胸にそっと手を当てる。


(本当に、凄く綺麗……。見れて良かったーー)


「おーい! こっちこっち!」


 突然聞こえてきたその声に視線を少し下へと移してみると、桜の木の下にいる人影がこちらに向けて手を振っている。

 その声につられてこちらを振り向いた二つの人影も、私達の存在を確認すると手を振り始めた。


「皆んなが待ってる。……行こうか」

「うん」


 皆んなに応えるようにして笑顔で手を振り返すと、私達は再び並んで一緒に歩き始めた。





「ーー久しぶりだね。皆んな元気だった?」

「ーー久しぶり。元気にしてた?」


 桜の木の下へと着いた私達は、そこで待っていた皆んなへ向けて口々にそう告げた。

 久しぶりに見る懐かしい顔ぶれに、私の顔は自然とほころぶ。


「久しぶりだね」

「うん、元気だったよ。久しぶり」

「久しぶり。これで全員集まったな」


 高校生ともなるとやはり当たり前で、久しぶりに見る3人の姿は私の記憶の中よりもだいぶ大人っぽく成長していた。

 昔から1番背の高かった浩ちゃんは、更に高く伸びたせいもあるのか、大ちゃんと並んでも少し大人っぽく見える。

 昔は私と同じくらいの背丈だっためぐちゃんと瞳ちゃんは、身長も伸びてとても綺麗になった。

 大人っぽく成長した皆んなに囲まれて、何だか1人、取り残された気分になる。

 それでも、またこうして皆んなで集まれる事を心から望んでいた私は、目の前にいる3人の顔を1人ひとり眺めると、最後に大ちゃんを見てから微笑んだ。


「それじゃ、掘り起こしますか」


 シャベル片手にドヤ顔の浩ちゃんに、変わっていないなとクスリと笑い声を漏らす。

 そのままザクザクと土を掘り始める浩ちゃん。

 どんどん深くなってゆく穴を眺めながら、私の胸はドキドキと高鳴っていった。

 中学校に上がる頃に、皆んなで埋めたタイムカプセル。

 当初の約束では10年後に開けようと話していたけれど、4年経った今、予期せぬ事態で掘り起こす事になってしまった。

 それでも、4年も前の事なので当時の自分は何を考え何を埋めたのか、昔を懐かしく思うと同時にワクワクとしてくる。

 皆んなの顔をチラリと覗くとそれは皆んなも同じだったようで、期待に膨らむ瞳をキラキラとさせていた。



 ーーーコツン



「「あっ……」」


 浩ちゃんの握っているシャベルが何かにコツンと当たり、私とめぐちゃんは思わず声を上げた。


「おっ。……出てきたな」


 シャベルを脇に置いた浩ちゃんは、穴の前でしゃがむと今度は素手で丁寧に土を掻き分けてゆく。

 土が払われ、徐々に姿を出し始めたタイムカプセル。

 その姿が完全に現れると、浩ちゃんの動きはピタリと止まった。


「……採掘完了」


 青い缶を片手にニカッと笑った浩ちゃんは、私達の目の前に缶を差し出すとそう告げた。

 掘り出したタイムカプセルをそっと土の上に置くと、それを囲むようにしてその場にしゃがみ込んだ私達。


「……それじゃあ、開けるね」


 青い缶に手を掛けた瞳ちゃんが、言いながら小さく唾を飲み込んだ。



 ーーーパカッ



 蓋の空いた缶を覗き込むと、中には色々な物が入っていた。

 それを思い思いに取り上げると、「懐かしいね」なんて言いながら昔を思い出す。


(私は一体、何を入れたんだろう……?)


 そう思っていると、めぐちゃんがピンクの封筒を取り上げた。


「これ、誰のかな?」


 そう言いながら裏を返すと、【日和】と名前が書いてある。私の字だ。

 ーー徐々に蘇ってくる記憶。


「開けてもいい……?」


 そう訊ねるめぐちゃんの声を聞きながら、私は皆んなに宛てて手紙を書いた事を思い出した。

 コクリと小さく頷くと、それを見ていた大ちゃんが優しく微笑んでから口を開いた。


「うん。開けてみようよ」


 ピンクの封筒から更に小さな封筒を取り出すと、それをジッと見つめるめぐちゃん。


「これ……読んでいいの?」


 めぐちゃんの手に握られた手紙には、私の字で【みんなへ】と書かれている。


「【みんなへ】って書いてあるから……大丈夫だよ。ねぇ?」

「うん。読んでいいよ」


 瞳ちゃんの声に笑顔で返事を返す。

 目の前で読まれるのは少し恥ずかしい気もするけど、皆へ宛てて書いた手紙だから。皆に読んでもらいたい。


「めぐ、読んでよ」


 浩ちゃんの言葉を受けためぐちゃんは、手紙を開くと声に出して読み始めた。

 そこには、書いた本人でさえ忘れていた過去の私の気持ちが綴られていた。











0