キャンディータフト【完】

 前の話

♡4

次の話 




「……ひよ。こっち」


 校舎に向かっていたはずの大ちゃんは、突然入り口とは別の方へと歩き始めると手招きをする。
 

(どうしたのかな……? )


 そう思いながらも黙って後を追う。

 校舎に沿って歩く大ちゃんの背を見つめながら歩いていると、突然大ちゃんが口を開いた。


「良かった! もう咲いてる。ほら、ひよ見てごらん」


 目の前で立ち止まった大ちゃんの横まで近寄ると、その視線を辿って前方を見てみる。

 するとそこには、白やピンクや紫の花びらを付けた、とても綺麗な花が花壇に咲いていた。


「わぁ……! 綺麗!」


 瞳をキラキラと輝かせる私を見てクスリと笑った大ちゃんは、花壇の前にしゃがむと口を開いた。


「……この花、覚えてる?」

「うん。……キャンディータフト」


 優しく微笑む大ちゃんに、私は笑顔で答えた。



 忘れもしない。
 
 ーー大ちゃんが、私にくれた花だから。 



 枯れない花が欲しいと言った私に、大ちゃんはキャンディータフトを押し花にすると栞にしてくれた。

 
 あれは確か、小学4年生の頃。

 少しいびつな形をしたその栞は、不器用な大ちゃんが私の為に一生懸命作ってくれたんだと、私は子供ながらに凄く嬉しく思ったのを覚えている。

 今でも大切に持ってるだなんて、恥ずかしくて言えないけど……。


 私の、宝物ーー。


 大ちゃんも覚えててくれたのだと、私は心が温かくなるのを感じた。


(大ちゃんはこの花の花言葉、知ってるのかな……)


 当時、栞を貰った私は嬉しくてキャンディータフトをたくさん本で調べた。

 そんな昔の自分を思い出し、フフッと微笑む。


「どうかした?」


 花を見て小さく笑った私に、大ちゃんは不思議そうに首を傾げる。


「ううん、何でもない。……綺麗だね」

「……うん。ひよと一緒に見れて良かった」


 笑顔で答える私にとても優しく微笑み返してくれた大ちゃんは、そう言うと目の前の花へと視線を移した。


「……暗くなる前に、校舎見に行こうか」


 そう言って立ち上がった大ちゃんは、私が立ち上がるのを待ってから再び校舎へと向かって歩き出した。

 そのまま校舎へと入った私達は、古びた廊下を横並びで歩いて行く。

 こうして大ちゃんと並んで歩く事も最後になるのかと思うと、私はきしむ廊下をゆっくりと一歩ずつ確かめる様に歩いた。

 暫く黙って歩いていると、少し板の捲れ上がった廊下が目についた。


「あっ……!」


 それを見つけた私は、嬉しくなって小走りに駆け寄る。


「大ちゃんっ! 見て見て!」


 こちらへ向かってゆっくりと歩く大ちゃんに向かって手招きをすると、私は自分の足元の板を指差した。


「ほらっ。大ちゃん、よくここでつまずいてたよねっ」


 そう言って笑ってみせれば、大ちゃんは困ったように笑った。


「よく覚えてるね」

「忘れないよ、大ちゃんの事は」


 妙な言い回しをしてしまった事にハッと気付いた私は、慌てて顔を俯かせた。

 
(気付かれ、ちゃったかな……?)


 今の言い方では、まるで遠回しに好きだと言っている様にも聞こえる。

 私はチラリと目線を上げると大ちゃんの様子を伺った。

 すると、悲しそうな顔をした大ちゃんと視線が絡まり、私の胸は途端に騒つき始めた。


「大……ちゃん……?」


 小さく震える声で名前を呼ぶと、大ちゃんはすぐに優しい笑顔を見せると口を開いた。


「俺も。ひよの事は、絶対に忘れないよ」


 その言葉に、ついさっき感じた不安は一瞬で吹き飛び、私の顔は一気に熱が集中した。
 

(それって……どういう意味?)


 目の前で優しく微笑んでいる大ちゃんを見ても、その表情からは何も読み取れない。

 何気なく言った言葉なのだろうか?

 それでも、大ちゃんの言葉でこんなにも動揺してしまう。


 高校生になった大ちゃんは、その容姿だけではなく中身まで大人になったのか、その余裕ある態度に私だけが翻弄されているのかと思うと凄く恥ずかしい。

 エヘヘと笑って誤魔化した私は、赤くなった顔を隠すようにクルリと背を向けると廊下を歩き出した。

 すぐ後ろから聞こえてくる足音に、ちゃんと大ちゃんも付いてきていることを確認した私は、火照った顔を冷ます様にこっそりと小さく手で扇いだ。



 ーーー!



 突然聴こえて来たピアノの音に、私はクルリと後ろを振り返ると口を開いた。


「瞳ちゃんかな?」

「きっとそうだね。行ってみる?」


 私は笑顔で頷くと、大ちゃんに付いて音楽室へと向かった。


 小さい頃からピアノの得意だった瞳ちゃんは、よく私のリクエストに応えてピアノを弾いてくれていた。

 一度も島を出た事のなかった私には、片道一時間半もかけてピアノを習いに行く瞳ちゃんは憧れでもあった。

 何度もせがむ私に、嫌な顔一つ見せずにピアノを弾いてくれていた瞳ちゃん。

 そんな瞳ちゃんも、高校生になるとこの島を離れてしまった。

 久しく聴く事のできなかったピアノの音に、私は心を躍らせた。

 音楽室の前へ着くと、開けられたままの扉から中を覗いてみる。


 ーーその光景に、私は思わず目を奪われてしまった。


 決して立派なピアノとはいえないのに、瞳ちゃんが弾くとこうも華やいで見えるものなのか。

 暫く立ち尽くして眺めていると、こちらに気付いた瞳ちゃんがピタリと手を止めた。


「ごめん。うるさかった?」


 申し訳なさそうな顔で笑顔を向ける瞳ちゃん。


「こっちこそ。邪魔してごめん」

「煩くなんてないよ! もっと聞きたいな」


 私達がそう言うと瞳ちゃんはフワリと微笑んだ。


「何かリクエストある? 少し調律が狂ってはいるけど……。まぁ、問題なく弾けるから」


 その言葉に、パァッと笑顔を咲かせた私は勢いよく口を開いた。


「ショパンの「「ノクターン」」


 被った声に隣を見れば、大ちゃんがクスリと微笑む。

 昔から、私が必ずリクエストしていた曲。

 
(この曲を聴くのは、どれぐらいぶりだろう……)


「……日和の好きな曲だね」


 瞳ちゃんはそう言って優しく微笑むと、鍵盤に手を置きピアノを弾き始めた。

 私達は近くにあった椅子に座ると、瞳ちゃんの奏でるピアノの音に静かに耳を傾けた。


 ーーその音色はとても優しく穏やかで、気付けば私の瞳からは涙が流れていた。

 久しぶりに聴けた瞳ちゃんのピアノに、嬉しく思う気持ちと同時に何故か悲しくもなったのだ。


 高校生になって、皆んなバラバラになってしまったから。

 懐かしい昔に思いをせ、きっと寂しくなってしまったのだろう。

 隣で静かに涙を拭う私を見て、少し寂しそうな笑顔を見せる大ちゃん。

 心配させたくなかった私は、涙を拭き終わるとニッコリと笑って大ちゃんを見た。

 それに安心したのか、優しく微笑んだ大ちゃんは瞳ちゃんへと視線を戻すと、そのまま演奏が終わるまで私を見る事はなかった。




 ーーーパチパチパチパチ




「瞳ちゃん、ありがとう」

「ありがとう。久しぶりに聴けて良かったよ」


 拍手をしながら感謝の気持ちを伝えると、瞳ちゃんは「どういたしまして」と優しく微笑む。


「じゃあ、もう行くね」

「もう一曲、聴きたいなぁ」

「暗くなる前に他も見なきゃ……」


 困った様に微笑む大ちゃんに諭され、私は後ろ髪引かれる思いで椅子から立ち上がった。


「瞳ちゃん。また今度、聴かせてね」

「じゃあ、また後で」


 そう言って私達が手を振ると、少し不思議そうな顔をした瞳ちゃんは小さく手を振り返してくれた。




0