キャンディータフト【完】

 前の話

♡8

次の話 





 窓硝子に映るセーラー服姿の自分を見つめ、私は念願だった制服のリボンにそっと触れた。

 
(なんで、気付かなかったんだろう……)


 いやーー

 本当は、気付いていたのかもしれない。


 それでも、認めたくなかった私は無意識に真実を見ようとしていなかった。

 長い間一人で大ちゃんを待ち続けている間に、私の記憶はどんどん曖昧になっていった。

 
 大ちゃんに会いたいーー
 
 その、強い気持ちだけを残して。


 そんな時、突然目の前に現れた大ちゃんに私はただ喜び、大ちゃんが話す事だけを信じた。

 ずっとこのまま大ちゃんと一緒にいたい。
 そんな想いから、真実から目を背け続けていた。

 ようやくその事実に気付いた私は、忘れていた全ての記憶を取り戻すことができた。

 けれど、それはとても受け入れ難い事だった。

 私は悲しみにそっと目を伏せると、真実と向き合う覚悟をする。




 ーー4年前の冬、私は死んだのだ。




 窓硝子から大ちゃんへと視線を移すと、私は涙を流しながらも微笑んだ。


「……大ちゃん。私ね、どうしても大ちゃんにセーラー服姿見せたかったの」

「うん……っ。似合ってるよ。凄く、可愛い」

 そう言って涙を流しながらも優しく微笑んでくれる大ちゃん。

 そんな姿を見て、約束を守れなかった事にチクリと胸が痛んだ。

 冬休みに会いに来てくれると約束したのに、私はその約束を果たせなかったのだ。


「ごめんね、大ちゃん。私……やっと、全部思い出したよ。約束守れなかった……っ私、頑張れなかった……っ」


 次から次へと流れ出る涙を拭いながらそう伝えると、大ちゃんは流れ出る涙を拭いながらむせび泣いた。


「ひよは、頑張ったよ……っ。凄く……っ頑張ったよ」


 泣きながらも懸命に笑顔を作ってくれる大ちゃんに、私は優しさを感じて胸が熱くなった。


 (大ちゃんを好きになって、良かった……)


 ーー本当に、心からそう思えた。


「大ちゃん……。見つけてくれて、ありがとう」

「……っ……」

「……私ね。ずっとずっと……小さい頃から、大ちゃんが好きだったよ」


 涙を流しながらも、大ちゃんに向けて精一杯の笑顔を見せる。

 
(やっと気持ちを伝えられた……。もう、これで思い残す事はない)


「ひよ……っ。俺も、ずっと……今でもっ……ひよが、大好きだよ」


 その言葉に、嬉しさで涙が止まらない。


「ずっと、側にいてあげたかった……っ。ひよに触れたいよ……っ……。抱きしめたい……っ」


 むせび泣く大ちゃんを前に、私は涙を流しながら嗚咽おえつした。


「だいっ……ちゃ……っ」


 そんな私を目にした大ちゃんは、そっと私に近寄ると口を開いた。


「ひよ……。ずっと、忘れないよ……っ。……大好きーー」


 私の頬を包み込むようにしてそっと手を添えた大ちゃんは、優しく微笑むとゆっくりと瞳を閉じた。


 (大ちゃん……っ。本当に、大好きだよ……。大ちゃんに出会えて、良かった……。私、凄く幸せだったよーー)


 近付く大ちゃんを視界に捉えた私は、そっと瞼を閉じるとそれを受け入れたーー。





0