ヤメロ【完】

 前の話

次の話 

 相変わらず観客など一人もいないこの映画館は、俺にとってはとても居心地が良く素晴らしい環境だった。

 こんな状態で、経営状況は大丈夫なのだろうか? なんて心配も、少なからずあったりはするのだが。

 周りを気にすることもなく、一人独占して映画を観れる環境は、とにかく”最高”と表現して間違いないだろう。
 まるで、自宅にある巨大シアタールームにでもいるかのようだ。


【これは、実際の殺人映像である】


 そんないつも通りのオープニングを眺めながら、そんな事を思う。


「……おっ。今回も、女か……」


 スクリーンに映し出された後ろ姿の女性を見て、前作の光景を思い出す。


(前回の女性は、ナイフでめった刺しだったな……。今回は、どんな風に殺されるんだろう?)


 そんなことを考えながらも、期待に胸を高鳴らせる。

 暫くすると、異変に気付いたらしいスクリーン上の女性は、歩くスピードを速めた。
 時々こちらを振り返るような素振りを見せながら、徐々に速くなってゆくその歩みは、ついには悲鳴をあげると一気に走り出した。

 それを追いかけているのであろう視点からの映像は、大きく揺れて少し見えにくく、俺は目を凝らすとスクリーンに食い入った。

 この少し見えにくい映像こそが、POV方式の特徴の一つだとも言えるのだが……。
 それがむしろ、最高の臨場感を生んでいると言っても過言ではないだろう。
 作り込まれた映画では、ここまでの臨場感は出せないのだ。

 いささかチープすぎるとも言えるこの映像だが、それこそがリアリティ性を高める最高の演出となって、俺をこんなにも夢中にさせていた。

 外灯の少ない暗い夜道を、必死に逃げ回っている女性。
 おそらく近くに住宅などないのであろうその場所は、外灯から離れると本当に真っ暗で。画面が乱れているせいもあってか、逃げ回る女性の姿はほとんど目視できない。

 だがまぁーーそれも仕方のないこと。


(その内カメラが追いつけば、嫌でも見えるしな……)


 この映画を観る一番の目的でもある、殺害シーンさえちゃんと見れるのならーーそれでいいのだ。

 そんな事を考えながらも、目の前の映像に夢中になっていると……。
 未だ、画面前方で必死に逃げている女性が、近くにある建物の中へと入っていった。


(あれ……っ? )


 乱れる映像の中、所々に映るその建物に、妙な既視感を覚える。
 その霞がかったモヤのようなものは、カメラが近付いたことでハッキリと姿を現し、確信へと変わった。


(あぁ……やっぱりそうだ。……へぇ、あそこで撮影したのか)


 自分の知っている建物だったということもあってか、なんだかいつも以上に身近に感じる目の前の映像。
 トクトクと高鳴る俺の胸は、少しだけ心拍数を上げた。




0