ヤメロ【完】

 前の話

次の話 



 廃ビルの中を必死に逃げ惑う女性。

 そんな女性の姿を追い掛けるカメラに時折チラリと映り込むのは、斧を持った男性のものらしき右腕。

 転げながらも必死に逃げ惑う女性は、ついにその距離が縮まった事でハッキリと姿を現した。

 ーーその刹那。

 画面右側から振り下ろされた斧。
 劇場内に響き渡る、女性の泣き叫ぶ声。

 そんな緊迫した映像を前に、ドクドクと早鐘を打つ俺の心臓。
 その心臓が、一際大きくドクンと鳴ったその時ーー

 俺の口から、ポツリと小さな声が漏れ出た。


「……っえ? み……ほ……?」


(なんで……、美穂が……?)


 今、目の前のスクリーンに映し出されている女性は、間違いなく美穂でーー

 この状況がうまく飲み込めない俺は、小さく口元を震わせた。


(……何で……っ。美穂が、映画になんて出てるんだ?)


 そんな疑問と共に頭に浮かんできたのは、連絡のつかない携帯と、先程スクリーン上で見た見覚えある建物。

 ーーそう。
 あれは、美穂の家からそう遠くない場所にある建物なのだ。


【これは、実際の殺人映像である】


 毎回オープニングで流れる、そんな一文が頭を過ぎった。


「嘘……っ、だろ……?」


 ネットでまことしやかに囁かれる、これは紛れもなく本物の殺人映像だという噂。
 そんな噂を思い出した俺は、スクリーン上に映し出される美穂の姿を見つめたまま、ガタガタと大きく震え始めた。

 斬りつけられた背中は大きく切り裂かれ、ドロリとした赤黒い鮮血を流しながら泣き叫んでいる美穂。
 それでもなお、止まらない斧の動きはーー
 その小さな身体を、次々と傷つけてゆく。


「やめて、くれ……っ」


 俺の口から溢れ出た声は、酷く震えて情けないものだった。

 スクリーンに映し出されているのは、血に塗れて泣き叫んでいる美穂の姿。
 そんな姿から、視線を逸らすことができない。


(お願いだから……っもう、やめてくれ……)


 深傷を負いながらも、必死に逃れようとする美穂の姿を見つめる俺は、その耐えがたい光景に顔を歪めると涙を流した。


(やめ、ろ……っ。やめろ……! ヤメロ!!!)


「ヤメローーーー!!!! 」


 スクリーンに向かって、絶叫したその瞬間ーー

 振り下ろされた斧は、美穂の頭に深くめりこんだ。

 グニャリと歪んだ顔からは眼球が飛び出し、ヒクつく口元からは『ァ゛ガッ……ガッ……』と声にならない空気が漏れる。
 俺は堪らず嘔吐すると、その場に崩れ落ちた。

 床についた吐瀉物まみれの手で、必死に上半身を支えながら床に向かって大きく泣き叫ぶ。


(嘘だっ……!! 嘘だっ!! 嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘っっっ!!!!!)


 まるで今しがた目にした信じ難い光景を払拭するかのように、狂ったように頭を掻き毟る。
 そんな俺の頭上にフッと突然影が差し、それに気付いた俺はゆっくりと顔を上げた。

 突然できた影の正体であるその見知らぬ男は、カメラ片手に無言でこちらを見つめると口元に弧を描く。


「…………え?」


 俺の口から、小さくそんな声が溢れた瞬間ーー

 右手に持った斧は、俺の頭めがけて勢いよく振り下ろされた。







 ーーーーーーーー


 ーーーーーー





「あーっ。今回のも、凄く良かったねぇ」

「うん、そうだね。斧でグシャッとなるのなんて……本当に、本物みたいだったよねっ!」

「……あっ! そうそう。あの噂、知ってる?」

「噂…… ?」

「実はね、この【スナッフフィルム】って映画。……本物の、殺人映像らしいよ」







 ーー完ーー



0