三度の飯より映画が好き♡

 前の話

映画、アトラクションのネタバレ感想

次の話 

はい、SF映画きました。




なんかね、スカイラインを再視聴していたら他にもSF見たくなっちゃったぞΣ( ๑⃙⃘°◊°๑⃙⃘ )

て事で、パッケージに惹かれて手にしたのが【アトラクション】

まぁ、手にしたゆーても……。
U-NEXTでの視聴だから、実際に手にした訳ではないんだけどねw

パッケージ見た感じ、スカイライン的なやつかなー?
なんて想像しちゃったわけよ。

青みがかった感じがね、スカイラインを連想させたわけです。
色味って大事よね。

てかね、普段から文字よりも何よりも、パッと見の雰囲気や色味で判断したり覚えたりする事が多くて。

映画に限らず、店舗の看板とかもね( *’罒’* )

だから、印象に残る色味って凄く重要で。

似た色味を見ると、無意識に連想してしまうモノってやっぱりあるよね。

この感覚わかる人いるかな?笑
たぶん、ほとんどの人が無意識にしてるとは思うけどw


まぁ、それはさておき(o’ー’o)ノ


だから、スカイライン的なの想像しながら鑑賞始めたのよ〜(*`・ω・´*)



で、結果どうだったかと言うと……!!







まぁ、想像とは全然違ったよね。笑




ロマンス映画でした(@゜Д゜@;)あら・・・?

ロマンスものって知ってたら、見なかったかもしれない。
何を隠そう、恋愛ものが一番観ていて退屈で嫌いなのだwww


でもね、【アトラクション】は観て良かったと思えた。
いやむしろ、続けざまに再視聴しちゃったしね。笑
冒頭部分だけね(♥Ü♥)



期待していた展開とは全く違ったものの、センスの良い映画だった!

宇宙船登場シーンの演出と劇中曲には、ハイセンスすぎて一気に持ってかれちゃったしね(*˘︶˘*).。.:*♡

このシーンに、この選曲とは……。



やりおる。笑




いや、知らん曲だけどもねw

何て表現したらいいのかな……。
とにかく、ハリウッドではお目にかかれない感じ。



そのセンスには、脱帽しました⸜(๑⃙⃘’8’๑⃙⃘)⸝




元々、芸術系が好きなんだけどね。
芸術のソレに似た感動があったよ♡

まぁ……そもそも、映画って芸術か(๑⃙⃘ ⁼̴́ꐧૃ ⁼̴̀๑⃙⃘)あはは


宇宙船が、とにかくめちゃくちゃ綺麗なんだけどね(*’ω’*)
でも、ただ映像が綺麗ってだけじゃなくて、センスがね……。



もう、とにかくイイわけ!!!!




単純に、好みのセンスだっただけかな?笑




ファッションも人それぞれ、好みによるもんねw


まぁ、とにかく。
個人的にはハイセンスな演出だと思ったよ(o’ー’o)ノパリコレ的な。w

ロシアだからなのかな?
やっぱり、アメリカ産のSFものとは根本的なセンスの違いを感じた!



いや、マジ良作Σ( °◊° )




そして、宇宙人……



めっちゃイケメン٩(๑♥ڡ♥๑)۶笑




それだけでも、観る価値あるかもしれないwww
眼福!!!ごっつぁんです!笑


内容もね、ただのロマンス映画なだけではなくて。
人間て、愚かで弱くて浅ましいねって。
そんな皮肉があるわけ。

むしろ、この映画の根本的なテーマはそれなんじゃないかな?

”偏見のない、純粋な愛”と、それに反するように描かれている”偏見や未知なる恐れからくる、愚かな敵意”

差別もそうだよね。



感情のない不死身の宇宙人と、人間の女の子との、ピュアでちょっと笑える、そんな交流。

そしてーー

”愛”を知った宇宙人が、愛する女の子を救うため永遠の命を捨てるという、信じがたい行動にでるーー。

信じがたいってのは、あくまでも設定上の話しで。
この展開は予想通りだったけどね?笑


そう。この映画ね、王道な展開だから分かり易いの。笑
結末まで予想通りだったからwww



裏切られたのは、パッケージだけ!笑




でもね、そんな事どーでもいいぐらいに冒頭が良かったからOK٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)ww



彼氏君の印象が、最初と終盤でガラリと変わるのも興味深くて個人的には好き。

立場やものの見方が変われば、人の印象とはこうも変わるのかと。
本質は変わってないと思うんだけどね。

恋は盲目ってよく言うもんね。
始めから、親が反対していた理由がよくわかるww



パッケージから連想するような、戦闘は一切……いや、終盤にチョロっとあるかw



とりあえず、スカイライン的なやつでは全然なかったwww




でも、センスの良い素敵な映画だったよ◝(˂̶๑)




確か、今年【アトラクション2】が劇場公開されたはず。

2も観てみたいな〜♡
と思える、そんな作品でした(*`・ω・´*)ゝてへ☆



ではでは、バイにゃん₍˄·͈༝·͈˄₎◞ෆ⃛̑̑ෆ⃛

0