井戸の中【完】

 前の話

10

次の話 




 ーー翌日。

 告別式の受付が開始される中、やっと手の空いた俺は煙草を吸いに外へと出た。
 煙草に火を着けようと何気なく受付を流し見た、その時ーー
 懐かしいその人物の姿に、思わず右手が止まった。

 十年経っても、記憶の中の姿と変わらないその可憐さにーー俺は思わず、見惚れてしまったのだ。


 この田舎で、俺に優しく接してくれた人と言えば、祖父母と母親以外では、彼女だけだった。

 ーー河原美香。

 そうーー彼女は、俺の初恋の人。

 俺の視線に気付いた彼女は、その場で軽く会釈をすると俺の元へと歩み寄った。


「……この度は、誠にご愁傷様さまです。……久しぶりだね、公平くん」

「……うん。久しぶり、河原さん」


 親父の事などどうでも良かった俺は、それだけ答えるニッコリと微笑む。


「ーーきゃあーーっ!!!」


 ーーー?!!


 突然聞こえてきた悲鳴に、何事かと騒ぎの方へと視線を向ける。
 人など殆どいない受付の横で、なにやら一人の女性が騒いでいる。


「……ごめん。ちょっと、行ってくる」

「あっ……うん。また後でね」


(何なんだよ、一体……)


 俺は面倒に思いながらも、河原さんを残して受け付けへと向かった。

 未だに一人騒いでいる女性に近付くと、「猫が、猫が!」と地面を指差している。

 その指先を辿って、少し先の地面へと視線を向けてみるとーー


 ーーー!!


(っ、何だよこれ……っ)


 頭から血を流して横たわる黒猫を見て、その気持ち悪さに思わずたじろぐ。
 その顔は原型をとどめぬ程にグチャグチャで、見ているだけで吐き気がする。


(なんて最悪なんだ……っ。どうすんだよ、この死体。……俺が片付けなきゃ、いけないのか……?)


 上から落ちて来たと言う女性の言葉に、目の前の大木を眺めると大きく溜息を吐いたーー。











0