井戸の中【完】

 前の話

12

次の話 


ーーーーーー

ーーーー



「明日には帰っちゃうなんて……。せっかく会えたのに、何だか寂しいね」


 そう言って俯いた河原さんは、受け付けの横で立ち止まった。


「……今度、遊びにおいでよ」

「え……? っ……うん」


 ほんのりと頬を赤らめると、嬉しそうに微笑んだ河原さん。
 そんな彼女を見て、やっぱりまだ好きだな、と改めて思う。


「ねぇ、公平くん。隆史くん、何処にいるか知らない? 一緒に帰る約束だったんだけど……。見当たらなくて」

「……さぁ。俺は告別式で見かけたきりだから、分からないなぁ」

「そっか……」

「俺が送ってくよ」

「うん……。ありがとう」


 照れたようにして微笑む河原さんを横目に、歩き出そうと右足を一歩前へ踏み出した、その時ーー
 目の前を、何かが落下してポトリと地面へと落ちた。

 地面に転がる、見覚えあるポーチ。
 

(これは……智の……。あの時……確かに、井戸の中へ捨てたはず……。空から、降ってき……た……? え……っ?)


 俺は震える手でポーチを拾い上げると、先程見た猫の死体と、昨日拾った靴のことを思い返したーー

 その全ての出来事を思い出しながら、ガタガタと小刻みに震え始めた俺の身体。



(じゃあ……。次に、降ってくるのは……っ)



 強張る身体をゆっくりと動かすと、絶望に満ちた瞳で空を見上げる。

 頭上に広がるその空は、俺を嘲笑うかのように不気味な色で覆われーー

 それはまるで、底なしの井戸の中のようだった。






 ーー完ーー


0