井戸の中【完】

 前の話

次の話 




 ーーその日の夕方。

 赤く腫れ上がった頬をさする俺は、裏庭で一人、悔しさに涙を流した。

 靴を無くしたと言った俺に、酔った父親が怒って殴ったのだ。
 

(俺のせいじゃ、ないのに……っ)


 あまりの悔しさに、側にあった大きな石を掴むと呆然と見つめる。


(これを、思いっきり投げたら……。少しは、悔しさも晴れるかな……)


「ニャア……」


 そんな事を考えていると、いつの間に来たのか、黒猫が俺の目の前で小さく鳴いた。

 痩せ細った身体を見ると、きっと野良猫なのだろう。首輪もしていない。
 放心した頭でそんな事を教えているとーー

 気付けば、右手に持った石を何度も大きく振り上げていた。

 右手に伝わる、鈍い衝撃。

 ーーその何度目かの衝撃で、ハッと我に返った俺は、目の前の猫を見た。


 ーーー!!!


 ピクピクと手足を痙攣させて、顔面から血を流す猫はーーもはや、その原形すらとどめていない。


「っ……ごめんっ。……ごめん、なさい……っ」


 涙を流して謝りながら、震える手でそっと猫に触れてみる。
 その身体は、とても暖かくて……。
 
 ーーだけど、鼓動を感じる事はできなかった。


(……っ。どう、しよう……っ。どうしよう……っ)


 自分のしでかした事態に恐怖すると、ガタガタと震え始めた身体でそっと猫を抱える。


(っ……か、隠さなきゃ……。でも……どこに……? ……あっ!)


 井戸の中で消えた靴のことを思い出すと、そのまま猫を抱えて歩き始める。


(……もしかしたらーー)


 そんな思いを胸に井戸の前までやってくると、コクリと小さく息を飲む。

 抱えていた猫を持ち上げると、俺はギュッと固く目を閉じたーー

 そのまま、井戸の上でパッと手を離すと、聞こえてくるはずの音に集中する。
 けれど、いつまで経っても聞こえてこないその音に、閉じていた瞼をゆっくりと開くと、恐る恐る井戸の中を覗いてみる。


「……猫が……いな、い」


 確かに、井戸の中へと投げ捨てたはずの猫の死体。

 それは、やはり先程の靴と同様に、井戸の中で忽然と姿を消したのだったーー。




0