井戸の中【完】

 前の話

次の話 


 鈍い音を響かせた智は、その衝撃でドサリと後ろへ倒れた。

 ハァハァと息の上がった呼吸のまま立ち上がると、智からの反撃に備えて身構える。


(…………?)


 中々起き上がらない智を不思議に思い、ゆっくりと近寄って様子を伺う。


 ーーー?!!!?!!!


 ヘタリとその場に倒れこんだ俺は、ガタガタと震える身体で後ずさった。

 目の前で、ピクリとも動かずに仰向けで倒れている智。
 その目からは尖った鉄が突き出し、後頭部から貫かれている。

 草むらで隠れていてよくわからなかったが、所々に錆びて折れた鉄や木材が落ちている。
 それに、運悪く刺さったのだ。


(そう……。これは……っ、俺のせいじゃない……)


 そう自分へ言い聞かせると、呼吸を整えてもう一度智に近付いた。

 動かなくなった智を見て、思わず笑みが溢れる。


(……とりあえず、隠さなきゃ)


 そう思った俺は、ズルズルと智を引きづって井戸まで移動させると、想像以上に重たい智を懸命に持ち上げた。

 やっとの事で井戸の縁に上半身を置くと、ハァハァと息を上げながら額の汗を拭う。
 俺は休む間も無く一気に智の足を掴み上げると、そのまま勢いよく井戸の中へと智を落とした。


「…………。……さよなら、智」


 空っぽの井戸の中を見つめ、俺はニヤリと笑って小さく呟いた。


 ーーその後。
 行方不明になった智の捜索は暫くの間続いたが、遺体など出てくる訳もなく、いつしか大人達は神隠しだと噂するようになった。

 そんな大人達を横目に、俺は内心、何て馬鹿な奴らだとさげすんだ。

 智がいなくなったお陰か、司と隆史からのイジメも段々と減り始め。
 その後、中学二年で転校するまでの三年間、俺は比較的平穏な暮らしを送る事ができた。




0