井戸の中【完】

 前の話

次の話 

ーーーーーー

ーーーー


 長いこと走らせ続けてきた車のエンジンを切ると、目の前に建つ年季の入った日本家屋を眺めた。


「……相変わらず、ボロいな」


 中学まで自分が暮らしてきた家を見つめてそう呟くと、車から降りて玄関先へと続く道を歩き始める。


 ーーーコツンッ


(ん……?)


 何かを蹴飛ばした感触に、自然と足元へ視線を落とす。


(これは……)


 地面に転がる靴を拾い上げると、マジマジとそれを見つめる。


(……っ! やっぱり、そうだ!)


 この靴は、あの時智に井戸の中へと捨てられたもの。


(何で……これが、此処に……?)


 やっぱりあの時、智は井戸になど捨てていなかったのだろうか?
 そう考えてみるも、それでも今になってこの場所にある事が不思議でならない。


(ーー! きっと、あいつらだ……っ!)


 俺が帰ってくると知った司か隆史のどちらかが、また俺に嫌がらせをしているに違いない。
 

(あの時……。やっぱり井戸になんて捨てずに、持ってやがったんだ)


 十年経っても変わらない関係にウンザリとしながらも、明日の告別式で恥でもかかせてやろうと鼻で笑う。


 ーー田舎から出た俺は、母親に楽をさせたい一心で猛勉強をした。

 その甲斐あって、ストレートで有名大学へと進学すると、そのまま大学を卒業して一流企業へと就職をした。
 

 そうーー

 今の俺は、昔とは違う。

 足元の高級な革靴を眺めてフッと鼻で笑うと、手の中にある薄汚れた靴を遠くへ放り投げた。




0