僕達の恋愛事情は、それは素敵で悲劇でした【完】

 前の話

次の話 

 僕には、もうすぐ付き合って一年目を迎える彼女がいる。

 そんな彼女には、最近何か悩みがあるようだったが「何かあった?」と聞けば、「……ううん。何もないよ」と微笑むだけだったので、僕の勘違いかと、それ以降は特に気にすることもなかった。


 ーーそれから数日経った、ある日のこと。

 大学のキャンパス内にある食堂で昼食をとっていると、目の前に座った由衣が少しだけ曇った表情をさせると、躊躇いがちに口を開いた。


「あの、ね……。私っ……最近、誰かにつけられている気がするの」

「……えっ? 」


 少し間の抜けた声を発した僕は、食べかけの菓子パンを握った右手をゆっくりと下ろすと、少し潤んだ瞳でこちらを見つめる由衣を見つめ返した。


「えっ……。それって、ストーカーってこと?」

「うん。……たぶん」


 それだけ答えると、暗い表情をさせた由衣は伏せた瞼を小さく震えさせた。

 きっと、とても不安で怖いのだろう。   
 そんな感情が、表情から見て取れる。


「大丈夫だよ、由衣。僕がついてるから」


 安心させるようにしてそっと小さな手を包み込めば、由衣は「ありがとう」と言って小さく微笑んだ。



0