僕達の恋愛事情は、それは素敵で悲劇でした【完】

 前の話

次の話 

ーーーーーー


ーーーー



 最近の由衣は、どこか暗く不安そうな表情をさせていることが多くなった。

 力なく微笑む彼女の姿は、心なしか痩せたようにも見える。

 あれからもうすぐ一カ月。
 大学に通っている僕は、アルバイトを辞めるとほとんどの時間を彼女の為に費やした。
 大学にいる間は勿論のこと、帰宅してからも決して彼女の側を離れない。

 こんなに不安そうにしている彼女を、一人になんてしておけるわけがなかった。

 由衣が作った残りもののシチューを口へと運ぶと、ベッドの上ですやすやと眠る由衣を見つめる。

 その顔は、眠っていてもどこか疲れた表情をしている。
 きっと、アイツに悩まされて心身共に疲れきっているのだろう。


「ーー大丈夫。由衣のことは、必ず僕が守るから」


 眠る彼女の頬にそっと触れると、触れた指先を滑らせ優しく微笑む。

 すると、それが少しくすぐったかったのか、由衣は小さく「んっ……」と声を漏らすと寝返りをうった。
 そんな彼女を見てクスリと微笑むと、先程買ったばかりの小さな箱をポケットから取り出す。

 明日はいよいよ、僕達の交際記念日。
 ここ最近は暗い表情ばかりさせていた彼女だったが、明日はきっと笑顔を見せてくれるはず。

 手元に握られた小さな箱を見つめて微笑んだ僕は、その視線を由衣へと戻すと緩んだ口元をゆっくりと開いた。


「明日は、楽しみにしててね。……おやすみ、由衣ーー」


 眠る彼女の額にそっとキスを落として満足気に微笑むと、彼女の眠りを妨げないよう、そのまま静かに部屋を後にしたーー。



0