僕達の恋愛事情は、それは素敵で悲劇でした【完】

 前の話

次の話 

 公園へとやってきた僕は、そこでベンチに腰掛ける由衣を見つけると、彼女に近付き口を開いた。


「ーー由衣。記念日、おめでとう」


 そう告げながらプレゼントを差し出せば、僕を見上げて驚いたような顔を見せる由衣。

 きっと、出し抜けに出されたプレゼントに驚いたのだろう。
 そんな彼女が可愛くて、クスリと微笑む。

 驚きに固まったままの由衣は、少しだけその瞳を大きく開かせると「……えっ?」と小さく声を溢した。


「僕達の、交際記念日のプレゼントだよ」


 優しく微笑みそう告げた刹那ーー
 
 視線を横に流した由衣が、震える口元から小さな声を漏らした。


「……っ。あ……っ」


 怯えるような表情を見せる由衣。

 その視線を辿って見てみるとーー
 そこには、アイツが立っていた。

 ーーそう。


 アイツは、由衣のストーカー。


 この一カ月、何度も由衣の近くで見かけたから間違いない。


(こんな日にまで、姿を現すなんて……っ!)


 僕は怒りに震える拳をギュッと握りしめると、カタカタと小さく震えだした由衣を横目に、男を鋭く睨みつけた。


「た……、す……けて……っ」


 小さく震える声を、懸命に喉から絞り出した由衣。
 そんな彼女に背を向けると、男と対峙するようにして由衣の前に立ち塞がる。

 それを目にした男は、勢いよく駆け出すと僕に突進するようにしてそのまま胸倉を掴み上げた。


「……っ由衣から、離れろっ!」


 僕の胸倉を掴む男は、そのまま引きずるようにして僕を由衣から遠ざけようとする。

 僕はダラリと垂れ下がった右手をポケットへ入れると、忍ばせていたナイフ取り出してーー
 
 目の前の男の腹に、ズブリと突き刺した。

 男は一瞬大きく瞳を見開くと、次の瞬間ーー
 小さく呻き声をあげて、綺麗に整った顔を醜く歪めた。

 その醜く歪んだ顔を見つめながら、僕は何度も何度も繰り返しナイフを腹に突き刺す。

 その何度目かで、ついにその瞳に生気を宿さなくなった男は、僕の腕からズルリと地面へ向かって崩れ落ちた。


「っ……いやぁーーーーっっ!!!!」


 倒れる男に駆け寄り、その場で泣き崩れる由衣。

 僕はゆっくりと視線を足元へと移すと、ピクリとも動かなくなった男を上から見下ろした。


(あぁ……。やっと、アイツがいなくなった。今日は、なんて素敵な日なんだろうーー)


 足元で泣き崩れる由衣を見下ろし、僕は歓喜の微笑みを湛えて口を開いた。


「……由衣。、おめでとうーー」




 ーー今日は、僕と彼女の交際記念日。





 ーー完ーー


0