君は愛しのバニーちゃん

 前の話

13 それは綺麗な、花でした♡

次の話 
※※※





「ーーねぇねぇ、瑛斗先生。ここって、どうやるの?」


 目の前に座っている悪魔の姿を見つめ、タラリと冷や汗を垂らす。


「あく……っ、衣知佳ちゃん。何度も言うけど、俺の担当教科は英語なんだよね。……だからさ、英語の宿題やらない?」

「うん、知ってる。でも……わからないの、数学なんだもん」


(…………。俺だって、数学なんてわかんねぇよっ!!)
 

 そんな事を思いながらも、目の前に差し出された数学のプリントを見て、無い脳ミソを懸命にフル回転させる。
 さっきから、やたらと俺に向けて数学の質問ばかりをしてくる悪魔には、ほとほと困り果てている。

 帰国子女が故、英語だけは人並み以上にできると自負している俺だが……。自慢じゃないが、それ以外の教科に関してはてんでダメ。
 もっと真面目に授業を受けとくべきだったと後悔しても、今更遅い。
 
 ーーこれはもしや、新手の拷問攻撃だろうか? 流石は、悪魔だ。

 チラリと悪魔の隣りに視線を移すと、1人黙々と英語の宿題をこなしている美兎ちゃんがいる。


(っ……、クソォォオ!!! 俺の、至福の時間が……っ!!!)


 悔しさにグッとシャーペンを握りしめると、目の前の悪魔に向けて目に見えないビームを発射する。
 その熱線でボッと焼け消えた悪魔を妄想しては、1人、脳内で高笑いをする。
 
 
(グハハハッ!! 思い知ったか!! 悪魔め……っ!!!)


「…………」


 ……なんだか、凄く虚しい。
 どんなに愉快な妄想をしようとも、現実では、俺の目の前で悪魔はピンピンとしているのだ。

 これは、認めざるを得ない事実。
 俺の乾杯……。いや、完敗だ。

 悔しさに薄っすらと滲み出た涙をグッと堪えると、滲んだ瞳で手元のプリントを見つめる。


「…………」


 意味不明な数字の羅列に、益々涙が溢れてくる。惨敗だ。誰か助けてくれ……。
 どうやら俺は、スーパーマンにはなれなかったらしい。
 
 素直にわからないと言ってしまいたいところだが、美兎ちゃんの前ではカッコつけていたいという……。そんなクソみたいなプライドから、どうにも言い出せない。


(……っ。俺の……、馬鹿野郎ッ!!!)


「……ん〜っ! 疲れたね〜。……ちょっと、休憩しよう?」


 突然、小さく伸びをした美兎ちゃんは、俺達に向けてニッコリと微笑むとナイスな提案を告げた。


(あぁ……っ! 君はやっぱり、俺の女神さまだ……っ♡♡♡)


 神々しく光り輝く美兎ちゃんに向けて尊敬とよこしまな眼差しを向けると、とろけた顔でだらしなく微笑みながら鼻の下を伸ばす。


「……あっ。そういえば、衣知佳ちゃんどうして瑛斗先生と一緒に来たの?」

「んー……。たまたまね、助けてもらったの」

「助けてもらった……?」

「うん。悠真ゆうまがさぁ〜、しつこくて」

「あぁ……、元カレ君?」

「そう」

「助けてもらって良かったねっ。……瑛斗先生、ありがとう」


 俺に向けてニッコリと微笑む美兎ちゃんを見つめながら、心臓をバクバクとさせる。

 通常の俺なら、間違いなく鼻の下を伸ばしていただろう。そんなシチュエーションにも関わらず、俺は顔面を蒼白にさせるとその場で固まった。


(元……カレ……だ、と……?)


 俺としたことがーー。
 今まで一度も考えもしなかったとは、なんてことだ……!

 美兎ちゃんにも、元カレーー
 いや、彼氏がいる可能性は充分にあるのだ。

 ーー否。
 これだけ可愛いのだから、間違いなくいるはず。


(ゥグ……ッッ!!?!!?)


 突然襲ってきた胸の痛みにハァハァと喘ぎながら、胸元を抑えると悶絶する。

 この、言葉にならない程のショックさは、今年で1番……。いや、今まで生きてきた中で、1番の攻撃力を以って俺のガラスのハートを粉砕する。
 今にも絶命してしまいそうだ。

 ーー辛すぎて、もはや涙すら出てこない。


「ジュースとお菓子、持ってくるねっ」


 そう告げると、部屋を後にした美兎ちゃん。

 その場に1人(と、ついでに悪魔も)残された俺は、瀕死の形相で美兎ちゃんが出て行った扉を見つめた。


(お……、俺の……可愛い、うさぎちゃん……っ。俺を置いて……何処に、行くの……っ?)


 一階にある、キッチンだろう。
 ジュースとお菓子を持ってくると告げて出て行ったのだから、そんなことは頭の片隅ではわかっている。

 だがーー。
 立ち去る美兎ちゃんの背中が、まるで彼氏の元へと旅立ってゆくかのように見えて……。それが、酷く切なかった。


「ーー瑛斗先生。さっきは、本当にありがとう」


 その声にゆっくりと振り返ってみれば、俺と視線を合わせた悪魔がほんのりと赤く染めた頬でニッコリと微笑んだ。


「あ゛……っ。い、い゛よ、い゛……、い゛よ」


 引き攣った顔で懸命に笑顔を取り繕いながらも、声にならない声で必死に言葉を紡ぐ。
 
 ーーまるで、壊れかけのレディオ。
 何処かで聞き覚えのあるフレーズだ。


「中学、生……っ、なの、に……がれ、じ……なん、て……、い゛るんだ……ね゛」

「え〜? 結構普通にいるよ、皆んな」

「っ……ぞ、うな……っん、だ」


 言われてみればーー。
 確かに、俺も中学生の時には既に彼女がいた。
 それなのに……。今まで全く考えもしなかったとは、なんたる不覚。
 万年お花畑脳内が故の、大失態だ。

 そんな壊れかけのレディオに向けて、悪魔がニッコリと微笑む。


「友達の半分は、彼氏がいるかな〜」


(……っ。その半分には、うさぎちゃんも……、入っているんですか……っ?)


 今更ながらに、薄っすらと涙が滲み出てくる。
 ーー辛すぎるが、確認せずにはいられない。


「へ……、へぇ〜。ず、凄いね゛〜。……みっ、みみみ……美兎、ちゃんにも……っ、い゛る゛の、かなぁ〜? な゛んて……っ」


 自分で言っといてなんだが、想像すると泣けてくる……。
 一縷いちるの望みを懸けて、血走った瞳で目の前の悪魔を凝視する。


「ううん。美兎はいないよ」

「ーー!!!? ……えっ!? そ、そそそっ、そうなの!? ……へぇ〜、それは意外だねっ!」


 わかりやすく、途端に満悦な表情へと切り替わる俺の顔。


「そうなんだよね〜。意外なんだけど、今まで彼氏が出来たことないんだよね。なんでだろ……」


 なんでだろうが、そんなことはどうだっていい。


(美兎ちゃんは……っ! やっぱり、俺の天使なんだ♡♡♡)


「市橋くんとか、絶対に美兎のこと好きだと思うんだけどなぁ……。あの2人、付き合ったりしないのかな〜」


(ーー!!!? っ……なんて不吉なことを言うんだっ!!! ……この、悪魔めっっ!!!!)


 ブツブツと1人呟いている悪魔に向けて視線を送ると、血走った瞳をカッと見開きプルプルと震える。



ーーーカチャッ



「お待たせ〜」


 そんな軽快な声を響かせながら、部屋へと戻って来た美兎ちゃん。
 バッと素早くそちらに視線を移すと、愛らしい天使を眺めて瞬時に破顔させる。


「手伝うよ、美兎ちゃん」

「ありがとう」


 そう言いながらペットボトルを受け取ると、俺を見上げてニッコリと微笑んだ天使。
 

(……グフゥッッ!!! なんてっ、破壊力だ……っ!!! マイ・スウィート・エンジェル♡♡♡)


 危うく吐血しそうになりながらも、ふらりとよろけた足元をグッと堪える。

 一時はショックのあまり、この世の終わりを垣間見てしまったがーー。
 それでも、奇跡を信じて耐え抜いて良かった!


(美兎ちゃんは、やっぱり俺の……! っ……、いや! 俺だけの、エンジェルなんだっ♡♡♡♡)


「今ね〜。ちょうど、美兎の話ししてたんだよね〜」

「……え? 何の話し?」

「美兎って、何で彼氏作らないのかな〜って」

「え〜っ」


 キャッキャと楽しそうに話しながら、元の席へと戻ってゆく美兎ちゃんの姿を眺める。
 悪魔による、若干の話の脚色が気にはなるところだが……。今回ばかりは、俺にとって朗報をもたらした良き情報提供者として、寛大な心で許してやろう。

 目の前で、楽しそうにガールズトークに花を咲かせている2人の姿を眺めながら、手元のペットボトルをトポトポとグラスに注いでゆく。


「こんなに可愛いんだから、勿体ないよ〜」

「あっ。……もう、やだぁ〜」


 美兎ちゃんの頬をツンッとつつくと、ニヤニヤと楽しそうに微笑む悪魔。
 

「……ぁふんっ。やぁ〜! くすぐったいってばぁ〜! もぅ……、お返し〜!」

「きゃ……っ! やだぁっ、美兎やめて〜!」


 いつの間にやら開始されたくすぐり大会を前に、鼻の下を目一杯伸ばすとガン見する。
 徐々に荒くなる呼吸と共に、俺の血走った瞳はギンギンに輝きを増してゆく。


 ーーどうやら俺は、今までとんでもない勘違いをしていたらしい。

 悪魔のように思えた、その少女の真の姿はーー
 天使の傍に添えられた、綺麗な花だったのだ。


 ーーならば。
 俺の脳内に植えて、後生大切に育ててやろうじゃないか。
 
 これはまさに、そうーー!


(っ……、百合ですね!!?♡♡♡♡)


 ドボドボとグラスから溢れ出るジュースを余所に、目の前でイチャつく2人を眺めてはニヤリと不気味に微笑む。

 今日は散々な1日だと思っていたが、まさか、こんなサプライズが待ち受けていたとはーー。
 埋もれる木に花咲くとは、まさにこのことだ。苦痛に耐え抜いたあの時間も、これでようやく報われた。

 お陰様でーー


(無事に……っ、綺麗な花が、咲きました……っ♡♡♡♡)


 歓喜に震える瞳から一筋の涙を流すと、グラスから溢れ出たジュースでビシャビシャと股間部分を湿らせつつーー。
 それはそれはとんでもなく鼻の下を伸ばした俺は、膨らむ妄想に1人酔いしれると、愉悦した微笑みを浮かべたのだった。
 


 
 
0