君は愛しのバニーちゃん

 前の話

15 おっぱい星人、マシュマロン

次の話 
※※※





「うさぎちゃん……っ」


 溢れるような溜め息と共にとろけた表情をさせると、鼻の下を伸ばして小さく声を漏らす。
 その声に反応してガバッと振り返った健は、俺に向けて勢いよく口を開いた。


「……えっ!? あの、『うさぎちゃん』!? え、どこどーーンム……ッ!!?」


 健の口を背後から左手で塞ぐと、右手に持ったフランクフルトの棒をチラつかせ、血走った瞳で凝視する。


「おい……っ、黙れ。さもなくば、殺すぞ」


 まるで殺し屋のようなセリフを耳元で囁けば、コクコクと勢いよく何度も頷いてみせる健。
 
 本来ならば、是非とも美兎ちゃんに話しかけに行きたいところだが……。当然ながら、生憎と今日は未変装。
 ここで万が一にでも、正体がバレてしまっては困るのだ。

 大人しくなった健を確認すると、口を塞いでいた手を退けてゆっくりと離れる。
 

「っ……おい! なんなんだよ、一体!」


 鬼気迫る様子の俺に恐れをなしたのか、健は抗議の言葉を述べながらも、その声量はとても小さい。


「バカ……ッ! 忘れたのか!? 俺は、変装してカテキョしてんだよ! 正体がバレたら、どーすんだっ!」

「あっ……、そっか。……で、どの子? 『うさぎちゃん』て」


 うさぎちゃんを眺めながらも、コソコソと健とそんな会話を交わす。


「チョコバナナの屋台の前にいる、ピンクの浴衣の……、超絶に可愛い子っっ♡♡♡」


 うっとりとした瞳でそう答えれば、俺の視線を辿った健が口を開いた。


「……え。あの、変なお面付けた子……?」


(変とはなんだ……っ! 『波平』に謝れっ! …………。いや、何か違うな)


 なんだか美兎ちゃんを侮辱されたような気分になり、若干イラッとする。

 だが、あのハイセンスすぎるお洒落を理解しようなどと、健には到底無理な話し。
 ここは一先ひとまず、寛大な心を以て許すとしよう。


「……そう。あの、『波平』のお面の子」

「え……。あれって……どう見ても、中学生じゃね……?」

「……は? だから、受験生だって言っただろ。ピッチピチの♡ 中3だよ♡」

「確かに……ピッチピチ♡ ……って、いやいやいや!!! 普通、受験生って言ったら高校生だと思うだろっ!? っ……つか、中学生はガチで犯罪だからなっ!!?」


 健の大きな声で、大和達までこちらに注目し始めてしまった。
 やはり、健は抹殺しとくべきだったのかもしれない……。


(うさぎちゃんにバレたら、どーすんだっ!!! このっ、バカ野郎……っ!!!)


 ヘッドロックを決めて黙らせれば、苦しそうに悶える健が激しくタップする。

 お面のことといい……。
 やはり、許してやった俺が甘かったのだ。


(グハハハハ……ッ!! どうだっ!! ……参ったかっっ!!!)


 悪魔のような笑顔を浮かべて、健の首を更に締め上げたーーその時。


「ーー!!!? ……ファッ!!?」


 こちらに向かって歩いてくる美兎ちゃんの姿に気が付き、驚きの声を上げると瞬時に健から腕を離す。
 

「っ……、おいっ!! 俺を殺す気かよ!?」


 解放された健が、何やら叫んでいるようだったが……。その声は、もはや俺の耳には届かない。
 
 ハゲたおっさんを頭に乗せながら、満面の笑みで美味しそうにチョコバナナを頬張る美兎ちゃん。
 そんな姿に、俺の瞳はロックオン。

 ……まったくもって、けしからん。


(そんな姿を……、人様の前で堂々と晒すとは……っ)


 どこぞの変態どもの、恰好かっこうの餌食じゃないかーー!




(なんて……っ、卑猥なんだっっ♡♡♡♡)




 美兎ちゃんを見つめて鼻の下を伸ばすと、不気味に微笑みながらその姿を堪能する。

 ーーどうやら、さっそく”俺”という変態の餌食になったようだ。
 ここは是非とも、その姿を写真に納めさせて頂きたいところだが……。

 リスクが高すぎて、それは無謀なチャレンジと言えよう。大人しく諦めて、脳内に焼き付けておくしかないらしい。

 ギンギンに血走った瞳で美兎ちゃんを凝視しつつも、その存在を悟られないよう気配を消して静かに佇む。

 そんな俺の様子に、珍しくことの次第を察したのか……。隣にいる健も、大人しくその様子を静観している。

 そんな中、俺の存在などミジンコ程にも気にしていない様子の美兎ちゃんが、チョコバナナ片手にこちらへと向かって歩いてくる。

 ズンドコズンドコと鼓動を響かせながらも、ギンギンに血走った瞳で目の前を通り過ぎてゆく美兎ちゃんを凝視する。
 
 と、その時ーー。


「きゃ……っ!」


 小さな声を漏らすと、そのまま前のめりに倒れてゆく美兎ちゃんーー。
 それに向けて、俺は咄嗟に右手を差し出した。


「!!? っ……ハフンッ♡」


 夢見心地なその手触りに、吐息を漏らすとゆっくりと視線を下げてみる。
 そこに見えるのは、律儀に1本だけひょろ毛を生やした、ハゲヅラ頭の『磯◯波平』。

 右手に伝わる、確かなこの感触ーー。


(俺は……っ。なんて浅はかで、バカな男だったんだ……っ)


 乏しすぎる想像力のせいで、こんなことですら想像ができなかったとはーー。
 今までの人生、だいぶ損をして生きていたらしい。

 健の言っていたことは、嘘ではなかったのだ。

 これは、間違いなくーー!
 



「マシュマロ♡ だ……っっ♡♡♡♡」


 

 右手に収まる美兎ちゃんのおっぱい片手に、だらしなく微笑みながらブシューッと盛大に鼻血を吹き出す。
 ドクドクと流れ出る鼻血をそのままに、全神経を右手に集中させるとふらつく足元をグッと堪える。


(これが……っ!! 天にも昇る、心地良さってやつか……っ♡♡♡♡)


 今、ここで一瞬でも気を抜こうものなら、出血多量で今すぐにでも天に召されてしまいそうだ。
 それはそれで、最高な死因だとも言えるのだが……。

 どうせ召されるのなら、一時でも長くこのマシュマロを味わっておきたい。
 それが、死に際の男の本能というやつなのかーー。


「……っ、キャアァァアアーーッ!!! マジ、キモイッ!!!! 最っ、低!!! このっ、おっぱい星人!!! ……死ねッッ!!!!」


 そんなののしりの言葉と共に、俺に向けて強烈なキックをかました百合の花。


「ーー!!?!? ッ、グフゥ……ッッ!!?!!?」

 
 見事なクリーンヒットに、両手で股間を押さえると膝から崩れ落ちる。
 声を失ったどころか呼吸すらできない状況に、本気で天に召されかけては悶絶する。
 

「美兎っ!! 早く、今のうちに逃げよっ!!」

「っ……う、うん」


 真っ赤な顔をした美兎ちゃんの手を掴むと、足早にこの場を去ってゆく百合の花……。と見せかけた、凶暴な悪魔。

 悪魔のせいで行方不明になった俺のドラゴンボールは、暫くは地上で拝めそうもない。
 再び2つ揃う時がくるのは、数日先か……。はたまた、数ヶ月先になるのか……。


(さよなら……。俺の、もう1つのドラゴンボール……っ)


 願いが叶った瞬間、悪魔によってかき消された俺のドラゴンボール。
 元より、ドラゴンボールとはそういうものなのだと思えば、叶えられた願いの大きさに感謝する他ないのだ。


「……っ、ぐ……っ」


 声にならない声を漏らしながら、ドクドクと鼻血を流し続けたまま股間を押さえてうずくまる。
 そんな俺を見て、驚きの顔を見せる人々と呆れたような眼差しを向ける大和。


「……おい。大丈夫か? おっぱい星人、マシュマロン」


 チラリと隣りに視線を向けてみれば、すぐ横で腰を屈めた健が心配そうに顔を覗き込んでいる。
 ちゃっかりと変なあだ名で俺を呼ぶ健に、軽く殺意を覚える。

 だが、なんと無力なことか……。今の俺には、そんな力さえ残っていないようだ。
 もはや、痛みと貧血で意識さえ朦朧もうろうとしている。


「これ……。鼻に、詰めとくか?」


 俺に向けて、ピンク色をしたハート形のマシュマロを差し出した健。


「…………」


 ふざけるのも大概にして欲しい。
 そんなボケにツッコミを入れる余裕など、今の俺には残っていない。同じ男なら、ドラゴンボールを蹴られた苦しみは痛いほどわかるはずだ。

 言葉に出せないこの怒りを、せめて眼光で伝えようとギロリと健の方へと視線を向ける。


(…………。あぁ……、忘れてた……。コイツ……ガチの、アホだったわ……)


 真剣な表情を見せる健を前に、遂に力尽きた俺はーー。
 股間を押さえながらぶっ倒れると、ドクドクと流れ出る鼻血で、色欲にまみれた赤い泉を作ったのだった。



0