君は愛しのバニーちゃん

 前の話

8 夕陽に誓って、零した涙

次の話 
※※※



ーーガタンゴトン


ーーガタンゴトン




 楽しい時間というのは過ぎ去るのもあっという間で、夕陽の差し込む電車内で一人小さく息を漏らした。


(今日という日が、永遠に続けばいいのに……)


 名残惜しく感じながらもチラリと隣を見れば、そこには天使のように可愛い美兎ちゃんがいる。

 いっそ、このままお持ち帰りしてしまいたいところだが……。その欲望をグッと堪えると、車窓から差し込む夕陽に目を細めた。


(…………。やっぱこのまま、お持ち帰りしてぇ……)


 やはり、そう簡単に欲望は抑えられないらしい。だって俺、男だし。

 こんなに可愛い美兎ちゃんを前に、欲望を抑え込むなんて……。到底、無理な話だ。


 ーーだがしかし!

 相手は中学生。そんなこと、絶対にできるわけがない。


(……いや、待てよ……。美兎ちゃんの合意さえあれば、イケんじゃね……?)


 だけど、万が一にでも振られようものならーー


(……っ俺。もう、生きていけない……っ!)


 そんな不毛な思考を巡らせつつ、勤めて冷静な顔のまま一人脳内で悶々とする。

 とその時、ポスンとした軽い重みを感じて左肩に目を向けてみるとーー



ーーーー?!!
 


(……っこ、これは……っ! 噂に聞く、肩ズン?!!)

 
 左肩にもたれてスヤスヤと眠る美兎ちゃんを見つめ、目一杯瞳孔を開かせる。

 
(こっ、これって……もしかしてっ!! 今夜お持ち帰り、OKサイン?!!!)


 途端に、心拍数を上げ始めた俺の心臓。

 ズンドコズンドコと鳴り響く胸元をギュッと抑えると、徐々に荒くなる呼吸とともに「ヴッ」と小さく声を漏らす。


(ゥグッ……っ!! し、死ぬ……ッッ!!!)


「ーーあの……。大丈夫、ですか?」

「……大丈夫、です……っ。嬉しすぎて死にそう……な、だけなんで……っ」

「あ……。は、はぁ……」


 血走った瞳で必死にそう答えれば、右隣にいる見知らぬ女性は俺に向けて怪訝そうな顔を見せる。

 折角美兎ちゃんからOKサインがでたというのに、どうやら俺の心の準備の方がまだだったらしい。
 その悔しさに顔を歪めると、血走った瞳で必死に涙を堪える。


(次こそは……っ。次こそは、俺も覚悟決めるからっ……。それまで、待っててね……っ。俺の可愛い、うさぎちゃん……っ!!!)


 左肩に伝わる心地よい感触に酔いしれながら……。
 俺は夕陽に向かってキラリと一雫、悔し涙を零すのだったーー。




0