恋慕〜もしも死んだ愛する人が、生き返ったとしたら【完】

 前の話

次の話 

ある日突然、

死んだ愛する人が生き返ったらーー






※※※


 それはある日、突然の事だった。


 今日もいつものように仕事を定時に終わらせた俺は、アパートの鍵を開けて誰もいない家の中へと入った。
 玄関に飾られた写真にそっと指で触れる。


「ただいま、美希」


 ポツリ、小さく一人呟く。

 写真の中で、婚約者の美希が俺に向かって笑顔を見せる。



ーー俺たちは一年前、結婚するはずだった。

 結婚式を一週間後に控えた俺に知らせが届いたのは、そろそろ仕事を切り上げて会社を出ようとしていた時だった。

 今しがたしまったばかりの携帯が鳴り出し、俺は鞄から携帯を取り出すと画面を見た。
 そこには知らない番号が。

 誰かと思いながらも、俺は画面に触れると携帯を耳にあてた。


「はい」

『ーーーー』


 電話口からの知らせに、携帯を持つ手が小刻みに震え出す。
 俺の手に握られた携帯は、ついに力をなくした手から滑り落ちた。
 

 美希がーー

 美希が交通事故で、亡くなったとの知らせだった。

 それは、あまりにも突然の出来事だった。



 ーーあの日から。

 俺は美希のいなくなったつまらない人生を、ただ生きる為だけに淡々と過ごしていた。
 今日もそう。それは、変わらないはずだった。

 テーブルに鞄を置き、ジャケットを脱ぐとハンガーに掛けようと寝室の扉を開いた。
 寝室の前で突っ立ったままの俺の手元から、ジャケットがゆっくりと床へ滑り落ちてゆく。


 ーー俺は、目の前の光景にただただ驚愕した。


「おかえり。……京ちゃん」


 ベッドに腰掛けた美希が、俺に向けて優しい笑顔を向ける。

 俺は震える身体でゆっくりと近付きながら、カラカラになった喉から小さな声を絞り出した。


「美、希……? 本当に……っ、美希なのか……?」

「……うん。京ちゃんに、会いに来たよ」


 そう言って俺に微笑みかける美希。


 ーーどんなに会いたいと、毎日願った事か。


 震える指先で目の前の美希の頬にそっと触れると、まるでその存在を確かめるかのようにーー

 キツく抱き寄せ、その身体に縋り付く。


「美希……っ! 美希……っ、会いたかったよ……美希っ!」

「私も……。会いたかったよ、京ちゃん」


 そう言って、俺を優しく抱きしめ返してくれる美希。

 これは一体どういう事なんだとか、疑問はたくさんあるけれど……。
 そんな事、どうだっていい。

 腕の中にある確かな存在に、俺はただ喜んだ。



 ーー美希がいる、それだけでいいんだ。



0