恋慕〜もしも死んだ愛する人が、生き返ったとしたら【完】

 前の話

次の話 

 それからの俺の日常は、ガラリと変わった。

 モノクロでつまらなかった日々がカラフルに色付き、俺は毎日美希と過ごせる事に喜び、感謝した。


 ーーもう、これ以上のものは何もいらない。

 心から、そう思えた。


 家から出る事ができないと言った美希に、「それでもいい。ただ、側にいてくれるだけでいい」と告げた。


 毎日キッチリと定時に仕事を終わらせ、美希の待つ家へと帰る。

 一年前ーー
 俺達は、結婚して初めて一緒に暮らす予定でいた。


 その果たせなかった未来を今ーー

 俺は、美希と一緒に叶えているのだ。


「ただいま、美希」

「おかえりなさい、京ちゃん」


 笑顔で俺を迎えてくれる、最愛の美希。


 ーーそう。

 この笑顔さえあれば、俺は充分に幸せなんだ。


 俺は顔をほころばせると、目の前の美希を優しく抱きしめた。




0