恋慕〜もしも死んだ愛する人が、生き返ったとしたら【完】

 前の話

次の話 

 美希が戻ってきてから一カ月程が経ち、すっかりと今の生活にも慣れてきた。

 家に帰れば笑顔の美希が出迎えてくれ、俺達は一緒に夕食を取り、夜は美希を抱きしめて眠る。そんな、幸せな毎日。


 俺は手に持った小さな箱を目前で掲げると、それを見つめて微笑んだ。

 
 ーー今日は、美希と付き合って十年目の記念日。


 高校の同級生だった俺達は、俺の一目惚れから交際をスタートさせた。

 イチゴの乗ったショートケーキを嬉しそうに食べる美希の姿を想像すると、ケーキの入った箱を持って家へと急ぐ。
 すると、家に近づくにつれ徐々に周りが騒がしくなってくる。

 嫌な予感がした俺は、自宅へ向かって一気に走り出した。

 そこにはたくさんの人集ひとだかりと二台の消防車が止まり、俺の住む木造アパートがーー燃え上がっていた。


「ーーっ?!! ……美希っ!!!」


 人集ひとだかりを押し退けながら、家の中へ入ろうと必死に前へと足を進める。


「……っ君! 危ないから、下がって!!」

「美希が……っ! ……っ美希がまだ、中にいるんだ!!!」


 制止を振り切ると、急いで自分の部屋へと向かう。


(美希っ……、美希……っ!! 無事でいてくれ……っ!!!)


 燃え盛る炎の中、自分の部屋へ入ると必死に美希を探す。


「美希っ!!! ……っ美希!!! 」

「京、ちゃん……」


 微かに聞こえてきたその声に目を凝らすと、そこには泣きながらうずくまる美希がいた。

 すぐさま美希の元へと駆け寄ると、その小さな身体を優しく抱きしめる。


「美希……っ。もう、大丈夫だよ」

「京ちゃん……」


 涙を流しながら、震える小さな手で俺を抱きしめ返した美希。

 美希が俺の元へ戻ってきた日。

 美希は、俺に言った。


『この家から出たら、私は消えてしまう』


 とーー



 腕の中にいる美希をキツく抱きしめると、その耳元で優しく口を開いた。


「……大丈夫。もう、美希を一人にはさせないから」


 抱きしめている身体をほんの少しだけ離すと、目の前の美希を見つめ、その唇に優しくキスを落とす。


「……愛してるよ、美希ーー」


 俺はそう告げると、美希を見つめて優しく微笑んだーー。




0