恋慕〜もしも死んだ愛する人が、生き返ったとしたら【完】

 前の話

次の話 

 ーーーーーー


 ーーーーー



「……酷いわねぇー」

「木造だから、火のまわりが早かったみたいよ」

「煙草の不始末が原因らしいわね……。でも、犠牲者がいなくて良かったわよね」

「それがね……。一人いたらしいのよ、二十代の男性が」

「……可哀想に。まだ、若いじゃないの」

「……なんでもね。自分で飛び込んで行ったらしいのよ」

「え……? 自分で? ……命より大切なものでも、あったのかしら……」

「変な話しだけどね……。その亡くなった男性、ウェディングドレスを抱きしめたまま亡くなってたらしいのよ……」

「ウェディングドレス……? 何でそんなもの……」

「さぁ……」

「……まぁ、他に燃え広がらないで良かったわよね」

「そうね……。うちの旦那にも、煙草は気をつけてもらわなきゃ。うちの旦那ったらねーー」

「ーーーー」


「ーーーーーー」















 ーー完ーー



0