歪ーいびつー【完】

 前の話

【真実】①

次の話 

       




       【ー楓ー】






ーーーーーーーー



ーーーーーー



ーーーー





「ーーねぇ、涼。ちょっと、大事な話があるんだけど……。外で、話しいいかな?」


 カレー作りも無事に終わり、自分達のテントへと戻って来たところで、俺は涼に向けてそう、話を切り出した。


「……楓。どうしたの?」


 テントを出ると、涼はすぐにその口を開いた。


「夢ちゃんの事なんだけど……」

「……夢が、どうかしたの?」


 歩きながらそう話し出せば、俺に付いて隣りを歩き始めた涼。


「うん……。夢ちゃん、危ないかも」

「危ないって、何が?」

「優雨ちゃんがだよ」

「優雨が……? どういう事?」


 涼は怪訝そうな顔をしながらも、隣りにいる俺を見つめる。


「優雨ちゃんは、夢ちゃんのことが好きなんだよ」

「まぁ……。友達だから、そうだろうね」

「違うよ。女として、好きなんだよ。ラブって事」

「えっ……? だって……、優雨は女……」


 俺の言葉に驚きをみせる涼は、信じ難いといった様子で俺を見つめる。


「ーーあっ! ちょうど、優雨ちゃんが来たよ! ……ほら、見に行ってみようよ」


 涼の腕を掴んで引っ張ると、テントへと戻って行く優雨ちゃんの背中を追う。
 
 優雨ちゃんがテントの中へと入って行ったのを確認すると、コッソリと入り口を捲って中の様子を伺う。

 すると、そこにはーー
 眠っている夢ちゃんを愛おしそうに見つめながら、夢ちゃんの脚に触れている優雨ちゃんが居た。
 触られている夢ちゃんのワンピースは太腿ふともも部分まで捲れ上り、その脚の大部分が露わになっている。

 ーー俺は、その姿に酷く興奮を覚えた。

 隣にいる涼の様子をチラリと見てみると、驚きに絶句して固まっている。


「……あれ、何やってるんだろね?」


 暫く中の様子を黙って覗いていた俺は、隣で固まったまま動かない涼に、そう、声を掛けてみる。
 その声に、ピクリと肩を揺らして反応を見せた涼。


「楓……。今見た事は、誰にも言わないで」


 それだけ告げると、涼はテントの中へと入って行く。
 そんな涼の行動に慌てて、急いでテントの陰に身を隠した、その時ーー

 勢いよく、テント中から飛び出して来た優雨ちゃん。
 俺の存在に気付かないまま、そのまま全速力で走り去ってゆく。

 そんな優雨ちゃんの背中を静かに眺めながらーー


 膝を抱えて頬杖をつくと、俺はニッコリと微笑んだのだった。





ーーーー



ーーーーーー





※※※





 テントでの事があってから、優雨ちゃんと夢ちゃんの様子を時折、心配そうな瞳で見つめている涼。
 そんな事情も知らずに、さっきまで無邪気に川で遊んでいた夢ちゃん。

 俺は夢ちゃんの可愛い笑顔を思い出すと、目の前にいる優雨ちゃんに向かって貝殻を差し出したーー


「ーーはい、これ。優雨ちゃんにあげる」

「えっ……、私? ……夢にじゃなくて?」


 驚く優雨ちゃんは、そう告げながら俺のことをジッと見つめる。


「……うん。優雨ちゃんにあげるよ」


 優雨ちゃんを見つめて小首を傾げると、俺はニッコリと笑ってそう答えた。


「……何で?」

「うん……。実を言うとね、本当は夢ちゃんにあげるつもりだったんだ」

「じゃあ、夢にあげたら?」

「もう、涼に貰ったみたいなんだよね……」

「……そう」


 俺の発した言葉に、複雑な表情を見せる優雨ちゃん。


「あの2人は、両思いらしいしね……」

「え……っ?」


 ポツリと小さく呟くと、驚いた顔をして俺を見つめる優雨ちゃん。


「そんな、事……誰が言ってたの?」

「うーん……。誰にも秘密だよ? さっきね、聞いちゃったんだ。涼が、夢ちゃんに告白するとこ。……で、涼が言ってた。両思いだねって」

「…………」

 
 優雨ちゃんの様子をチラリと見てみると、表情こそ普段通りに見えるが……。その手は、小さく震えている。


「……あの2人は、両思いなんだね」


 俺はハッキリとした声でそう伝えると、優雨ちゃんに向けてニッコリと微笑んだ。





ーーーー



ーーーーーー



ーーーーーーーー



0