歪ーいびつー【完】

 前の話

【真実】④

次の話 
※※※





「ほら……夢、こっちにおいで。まったく……本当に悪い子だね、夢は。何度言っても、わからない。ーーお前は、俺のものなんだよ!!」


 不気味に笑い続ける奏多が、狂ったように叫びながら夢ちゃんへと近付いて来る。

 腕を掴もうとした奏多から夢ちゃんを庇うと、俺はワザと机にぶつかり裁断バサミを優雨ちゃんの方へと落とした。


「ーー嫌っ!! ……来ないでぇぇぇー!!」


 恐怖に震えながら、泣き叫ぶ夢ちゃん。
 俺は奏多の腕を押さえつけると、そのまま夢ちゃんから遠ざけた。

 チラリと奏多の背後に視線を向けてみれば、床に落ちた裁断バサミを拾い上げる優雨ちゃんの姿が見える。
 俺は誰にも気付かれないように小さく微笑むと、奏多の腕を掴んだ手にグッと力を込めた。

 そしてーー
 ハサミを握りしめた優雨ちゃんが、奏多に向かって突進する姿を黙って見届けた。


「ーー……は?」


 やけにゆっくりとした動きで、優雨ちゃんのいる背後へと振り返った奏多。




「……っ、いやぁぁぁああーー!!!!」


 一瞬静まり返った教室は、朱莉ちゃんの上げた悲鳴で再び時間が動き始めた。


「ーーあんただけは……っ、絶対に許さない!!」


 そう叫んだ優雨ちゃんが、今度は奏多の正面からぶつかった。


「夢には……っ! 夢には絶対に近付かせない!!」


 そう言って、一度奏多から離れた優雨ちゃん。
 
 その手にはーー
 血に染まったハサミが、しっかりと握られている。


「ぁ……っ……あ゛っ……ぁっ」


 小さく震える声が漏れ聞こえて、チラリと後ろを振り返ると……。
 ガタガタと身体を震えさせながらも、その光景を見ている夢ちゃんがいる。

 俺はそんな夢ちゃんをしっかりと抱きしめると、その視界を遮った。


「夢ちゃん……っ、見ないで。見ちゃダメだよ……」


 大声を上げて泣き叫びながら、床に向かって崩れ落ちてゆく夢ちゃん。
 それを追うようにしてしっかりと抱きとめると、夢ちゃんは震える指先で俺の背中にしがみついた。

 ガタガタと震えながらも、大声を上げて泣き続ける夢ちゃん。俺はそんな夢ちゃんをしっかりと抱きしめると、安心させるようにしてその背中をさすり続ける。


(ごめんね、夢ちゃん。……怖いよね。大丈夫だよ、もうすぐ終わるからね。……もうすぐ、終わるからーー)


 腕の中にいる夢ちゃんに向けて、心の中でそう囁くとーー奏多に向かって、何度もハサミを突き立てる優雨ちゃんの姿を眺める。


 そんな光景に、興奮と喜びから歓喜した俺はーー

 悦に震える身体を必死に堪えると、喜悦した微笑みを小さく漏らしたのだった。






ーーーーーー



ーーーー





 夢ちゃんと朱莉ちゃんを教室から出て行かせると、仰向けで倒れている奏多の方へとゆっくりと近付いてゆく。

 腹部に俺のハサミを刺したまま、苦しそうな呼吸を繰り返している奏多。


「馬鹿だなぁ……、奏多。ーー助かったらダメだろ?」


 奏多を見下ろしたまま、先程奏多が言っていた言葉を告げると、恍惚こうこつとした表情を浮かべる。

 苦痛に顔を歪める奏多の姿に酷く興奮してーー
 溢れ出る喜びに、ブルリと身体を震わせる。


(……今まで、ご苦労様)


 俺はおもむろにその場に屈むと、奏多の耳元に向けてゆっくりと口を寄せる。


「ーーばいばい、奏多」


 喜悦した微笑みをたたえながら、ニヤリと口元を歪ませた俺はーー

 腹部に刺さったままのハサミを握ると、更に奥へと押し込んだ。





ーーーーーー



ーーーー
0