歪ーいびつー【完】

 前の話

【真実】⑤

次の話 
※※※





 花束を持って階段を上る最中、可愛い夢ちゃんの姿を思い浮かべるーー


(……やっと、邪魔な虫を全て排除できたーー)


 それが嬉しくて、胸元からネックレスを取り出すと貝殻にそっとキスをする。


「夢ちゃん……」


 夢ちゃんとお揃いの貝殻を眺めて、うっとりとした表情をさせる。


「やっとだね……夢ちゃん」


 そう小さく呟くと、ネックレスをワイシャツの中へとしまう。
 
 屋上へと続く階段を最後の段まで上り切ったところで、一度小さく微笑みを漏らすと、俺は目の前の扉を開いて夢ちゃん達の待つ屋上へと出た。


「ーーお待たせ。……ごめんね。暑い中待たせてちゃって」

「ううん、大丈夫だよ。楓くんこそ、お花買いに行ってくれてありがとう」


 すぐ目の前まで歩み寄れば、とても可愛らしい笑顔で出迎えてくれる夢ちゃん。

 その瞳に映るのは、涼でもなければ奏多でもない。
 幸せそうに微笑む、俺の姿ーー


 俺はアスファルトの上にそっと花束を置くと、そのまま静かに手を合わせた。


(ーーこれで、夢ちゃんは俺だけのものだね……)


 心の中で、涼達に向けてそう呟く。


「3人になっちゃったね……」

「……そうだね」


 そう小さく呟く夢ちゃんに答えると、俺は夢ちゃんを追うようにしてゆっくりと立ち上がった。


(やっと……っ。やっと邪魔な虫が、全員消えてくれたーー)


 溢れ出る嬉しさを必死に堪えて俯くと、その顔を隠すようにして片手で覆う。
 堪え切れなくなった喜びに、口元が緩んだーーその時。

 夢ちゃんの左手首に付けられた、貝殻のブレスレットに目が留まるーー


 俺は緩んだ口元を元に戻すと、ゆっくりと空へ向けて顔を上げた。


(あぁ……。確かあの時……、朱莉ちゃんに見られたっけーー)


 指の隙間から瞳だけを覗かすと、朱莉ちゃんに向けてギョロリと動かす。

 するとそこにはーー

 蒼白い顔をしてカタカタと小さく震えながらも、俺を見つめて立ち尽くしている朱莉ちゃんがいる。




 俺は口元を歪ませるとニタリと微笑んだ。




(……まだ、虫が一匹残ってたーー)






ーーーーーー



ーーーー
0