歪ーいびつー【完】

 前の話

エピローグ

次の話 




      歪ーいびつー



ーーーーーー



ーーーー





 残暑だというのに、まだ猛暑の続く8月ーー


 開け放たれた縁側から、風鈴の音色が和室へと送り込まれる。
 その涼やかな音色が聞こえる中、テーブルに置かれたアルバムをめくる音が、部屋の中で微かに響いた。


「ーーまた見てるの?」

「えぇ……。ほら、見て。……あの子ったら、夢ちゃんばっかり撮ってるのよ」

「……本当だね。涼は、夢ちゃんが好きだったからね……」

「そうね……」


 そのアルバムには、沢山の写真が納められていた。


 空に向かって、両手を広げて目を瞑っている夢

 楽しそうに、料理をしている夢

 カメラに向かって、まるで花が咲いたかのような笑顔を見せる夢

 川で佇む、綺麗な横顔の夢ーー




「……そろそろ、お洗濯物取り込まなくちゃ」

「……あっ! 俺、今からサークル行ってくるから。今日は、晩飯いらないからね」

「あら、そうなの? ……じゃあ、今日はお父さんと2人ね。気を付けて行ってらっしゃい」

「うん、行ってきます」


 そんな会話と共に、慌ただしくパタパタと鳴り響く足音。
 その足音も消え去ると、再び訪れた静寂に風鈴の音色だけが涼やかに鳴り響く。

 その和室のテーブルに、ポツンと置かれた一冊のアルバム。

 その開かれたままのアルバムにはーー




 涼 ・ 夢 ・ 奏多 ・ 優雨 ・ 楓 ・ 朱莉




 とても幸せそうな笑顔を見せる、6人の姿があったーー









ー完ー






0