歪ーいびつー【完】

 前の話

優雨【回想】

次の話 
ーーーーーーーー



ーーーーーー



ーーーー





 トイレから出ると朱莉が出てくるのも待たずに、急いで夢の待つテントへと向かう。

 思ったよりもトイレが混んでいたので、時間がかかってしまった分、きっと夢を寂しがらせてしまったに違いない。

 テントへと辿り着くと、入り口をまくって中を覗いてみる。
 すると、小さな寝息を立てて眠っている夢がいる。

 私は眠っている夢に近付くと、その場にしゃがんで綺麗な夢の寝顔を覗き込んだ。
 チラリと視線を下へと移すと、ワンピースから覗く細い脚が目に留まる。

 真っ白でとても綺麗なその脚を見て、私は思わずーー
 触れてみたくなった。


(少し、だけなら……)


 そう思った私は、夢の脚にそっと優しく触れてみる。
 ツルツルとした肌は想像以上に気持ちが良くて、触れている手を太腿ふともも部分まで移動さてみる。

 ーーするとその時。
 微かに動いた夢に驚き、私は慌てて手を離した。

 夢の顔をそっと伺うようにして覗いてみると、その瞼はきっちりと閉じられ起きる気配など全くない。

 閉じられた瞼からはフサフサとした長い睫毛が生え揃い、眠っていても天使のような夢は、思わず感嘆の息が漏れ出る程にとても綺麗だった。


「夢……」


 私は小さく声を漏らすと、眠っている夢にキスをした。


「ーー何やってるの? ……優雨」



ーーー!?



 突然の背後からの声に驚き、私は急いで顔を上げると後ろを振り返った。
 すると、そこには怪訝そうな顔をしながらテントへと入ってくる涼がいた。


「……っ! ……べ、別に」


 焦った私は、そう答えると足早に涼の横を通り過ぎてそのままテントを出た。


(っ見られた……っ。涼に、見られた……!)


 下唇をキュッと噛みしめると、まるでバレてしまった事への恐怖心を振り払うかのようにしてーー

 私はただ、ずっと走り続けたのだった。




ーーーー



ーーーーーー



ーーーーーーー
0