歪ーいびつー【完】

 前の話

優雨【回想】

次の話 
ーーーーーーーー



ーーーーーー



ーーーー





「涼、どこ行くのー?」


 前方から聞こえてきた楓の声につられるようにして、私は足元にあった視線を前へと向けた。


「……夢のとこ!」


 笑顔でそう返事を返した涼は、そのまま私の横を通って走り去って行く。


(……あれ?)


 不思議に思った私は後ろを振り返ってみた。すると、さっきまですぐ後ろにいたはずの夢がいない。
 どこへ消えたのかと更に後ろへと目を向けてみると、夢は川辺へと続く道にまだ1人で立っていた。

 麦わら帽子を被って川の方へと身体を向けると、そのまま空へ向けて両手を広げた夢。

 風に吹かれてユラユラとなびく髪。
 太陽に照らされた肌は真っ白で。今にも消えてしまいそうな程に、儚く見える。

 気持ち良さそうに風を受ける夢の姿は、まるで空を飛ぶ天使のようでーー

 私は思わず、その光景に目を奪われてしまった。






ーーーーーー



ーーーー





※※※






「夢ってさぁ〜、涼の事が好きなの?」

「……えっ?!」


 テント作りの作業中、突然朱莉が涼の話しをし始めた。

 聞いていたくなかった私は、ただ、黙々とペグを打ち込んでゆく作業を進める。
 すると突然、少し強めの風が吹いてテントがぐらついた。


「わぁー! ちょ……っ夢! 何やってんのっ!」

「あっ……。ご、ごめんね!」


 朱莉に注意された夢は、慌てて布端を掴むとまた作業へと戻る。


「……けどさー。涼は、絶対に夢の事が好きだよね〜」



ーーーカンカンカンカン



 また涼の話をし始めた朱莉に、私はただ黙って作業を続ける。


「優雨もそう思うでしょ?」


 突然話を振ってきた朱莉に、私は「……そうだね」と素っ気なく答えた。
 私が答えるまでもなく、どう見たって涼は夢の事が好きだ。


(そしてきっと、夢も……)


 私はペグを刺し終えるとチラリと夢の方を見た。
 
 中々刺さらないペグを覗き見ては、首を傾げている夢。その姿が可愛くて、私はクスリと声を漏らすと夢の元へと近付いた。


「ーー私がやるよ」


 ニッコリと微笑みながら右手を差し出せば、少し驚いたような表情をさせる夢。


「えっ。でも……」


 申し訳なさそうにして上目遣いで私を見るその姿はーー本当に、愛らしい。


「大丈夫だよ」


 そう言って優しく微笑みかけた、その時ーー
 涼が、夢の元へとやってきた。


「俺がやるよ」


 ニカッと笑った涼は、夢の手に握られたペグハンマーを取ると、そのままあっという間にペグを打ち込んでゆく。
「はい、これで終わり」とペグハンマーを夢の手に戻すと、その場を立ち去ってゆく涼。


「あっ……ありがとう!」


 そう言って小さく手を振った夢は、涼を見つめて可愛らしく微笑む。

 私は幸せそうに微笑む夢の横顔を見つめながらーー
 チクリと痛む胸を、そっと抑えた。




ーーーー



ーーーーーー

 

ーーーーーーーー
0