歪ーいびつー【完】

 前の話

朱莉【回想】

次の話 

ーーーーーーーー



ーーーーーー



ーーーー






「……あっ、朱莉! 優雨ちゃんがね、先にテント戻ってるねって言ってたよ〜」


 トイレから出てきた私に気付いた美沙が、私に視線を向けるとニコッと微笑んだ。


「オッケ〜。わかった、ありがとう」


 そう返事を返すと、手を洗う為に手洗い場へと近付く。


「……朱莉ちゃん達は、ホントいいよね〜。涼くん達と同じ班で」

「涼くんも奏多くんも楓くんも、皆んなカッコイイもんね〜」

「うちの班なんて、健と石井と岩松だから。……超地味だよぉ」

「でもさぁ……。奏多くんてちょっと……、話し掛けにくいよね?」


 手洗い場に着くと、既にそこにいた七海と美沙がそう話し掛けてくる。


「んー……。そうかなぁ? 全然、普通に話してくれるよ?」


 手を洗いながらそう答えると、そんな私を見た美沙がニヤリと笑った。


「……それってさぁ、朱莉だからだよ。奏多くんて、他の子とはあまり話さないもん」

「あっ、それってわかるかも〜! 奏多くんて、朱莉ちゃん達の前だとよく笑ってるしね〜」

「朱莉の事……、好きなんじゃない?」


 その言葉に、思わずカッと熱が上がる。


「そっ、それはないよっ……!」


 そんな事を言って否定しながらも、『そうだったら嬉しいな……』なんて心の中で思いつつ、2人に気付かれないように小さく微笑んだのだった。









※※※









「夢……。本当に、大丈夫?」


 心配そうに夢を見つめる涼。

 虫に驚いて泣き出してしまった夢は、未だにボロボロと涙を流し続け、一向に泣き止む気配がない。


「大丈夫だよ、夢。俺がついてるから」


 そう言って夢の右手を握った奏多を見て、『いいなぁ……。奏多と手繋げて』と羨ましく思う。


「じゃあ……こっちは俺ね? ……これでもう、怖くないね?」


 楓がそう言いながら左手を握ると、躊躇ためらいがちに小さくコクリと頷いた夢。


「あと少しだから、頑張ろう。夢」


 優しい笑顔を向ける涼が、ポンポンと夢の頭を撫でてあげると、夢はポロポロと涙を流しながらも大きく頷いた。



「じゃあ、行こうか」と言う涼の言葉を合図に、再び歩き出した私達。

 暫く歩くと、奏多のことが気になった私はチラリと後ろを盗み見た。

 ーーそして、私は見てしまった。

 もう泣き止んではいるものの、相変わらずビクビクと怯えながら歩いている夢。
 その右手をしっかりと握りながら、愛おしそうに夢を見つめている奏多の姿をーー




(私じゃ、ない……。奏多が好きなのは……、夢なんだーー)





ーーーー



ーーーーーー



ーーーーーーーー

0