歪ーいびつー【完】

 前の話

朱莉

次の話 
※※※





「中学の頃から、夢に嫌がらせをしていたのは朱莉だね」

「……っ」

「やりすぎたね、朱莉」

「っ虫はやってないよ! ……あれは、私じゃない!」


 奏多の腕に掴まり、必死に訴える。


「もう、俺に話し掛けるなーー」

「っ……!」


 突然冷たい表情へと変わった奏多は、そう告げると私の手を払いのけた。


「お前は、やりすぎたんだよーー朱莉」


 私の耳元でそう冷たく囁いた奏多は、夢の鞄を机から取ると私を置いて教室を出て行った。




 私はーー

 私はただ、奏多の1番になりたかっただけだった。

 奏多がこの学校へ行くと聞いたから、私はここを受験した。
 夢が行くから、奏多はこの学校へ進学することを決めた事はわかっていた。

 それでもーー
 側にいれば、いつかは振り向いてもらえるかもしれない。そう、思ったから。

 でも、奏多はいつだって夢の事しか見ていなかった。
 私なんて、ただ夢と友達だったから奏多の近くにいれただけ。

 高校に入ると、以前にも増して夢と奏多の距離は近くなっていった。
 ーー私は、それが許せなかった。

 だって、夢は今でも涼の事が好きなのにーー


 2人が付き合い出したという噂を耳にした時、私は大きく絶望した。
 夢が憎くて憎くて、仕方がなかった。


(どうして、私から奏多を奪うのーー?)


 それからの私は、以前から度々していた夢への嫌がらせを毎日するようになった。

 だからーー罰があたったのかもしれない。

 自分のした行動のせいで、私は完全に奏多を失ってしまったのだからーー



 1人取り残された教室で、床へと崩れ落ちるとヘタリとその場に座り込む。

 床に付いた掌をキュッと握り締めると、まるで後悔と悲しみの念を爆発させるかのようにしてーー

 私は天井に向けて、思い切り大きな声を上げて泣き叫んだのだった。




ーーーー



ーーーーーー
0