歪ーいびつー【完】

 前の話

朱莉

次の話 
※※※





 ーーあの時。

 楓はあそこで一体、何をしていたのだろうか……?
 一度抱いた疑念は、どんどん大きくなってゆく。


 廊下で女とイチャつく楓が付けていたネックレス。
 ーーそれには、ピンクの貝殻が付いていた。

 俯く楓をジッと見つめていると、楓の口元がゆっくりと動いてーー弧を、描いた。


(ーーっ! ……笑って……、る……っ?)


 私は、自分の身体から一気に血の気が引いてゆく気がした。
 カタカタと震え始めた身体。楓から、視線を逸らす事ができないーー


 口を元の形へと戻した楓は、片手で顔を覆ったままゆっくりと空を見上げた。
 私の瞳は、楓に合わせてゆっくりとその動きを追ってゆくーー

 ーー次の瞬間。

 指の隙間から、ギョロリと瞳だけを動かした楓が私を捉えた。


「……ひっ!」


 恐怖に、小さく溢れた私の声。

 そんな私を無表情で見つめていた楓はーー


 口元を歪ませると、ニタリと微笑んだのだったーー





ーーーー



ーーーーーー

0