歪ーいびつー【完】

 前の話

朱莉

次の話 
※※※





「……気持ち悪い」


 今朝、夢の机の中から出てきた虫を思い出して、ブルリと身体を震わせる。


(あれは悪趣味すぎる。一体、誰がやったんだろう……)


 そんな事を考えながら廊下を歩いていると、前方に女とイチャつく楓の姿が見えた。
 楓に擦り寄り、ワイシャツの胸元に手を忍ばせる女。


「今は、そんな気分じゃないんだよね〜。……ごめんね」


 そう言いながら、女の手を掴むと退かそうとする楓。
 そんな態度の楓に向かって、女は「え~。いいじゃ~ん」と鼻にかかったような甘ったるい声を出す。


「楓って、いつもコレ付けてるよね~」

「コレは、触っちゃダーメ」

「え~何で~? ……あっ。今度、お揃いの買って付けようよ~」

「……俺達、そんな関係じゃないでしょ?」


 女に向かってニッコリと微笑んだ楓は、ネックレスを掴むとワイシャツの中へと戻す。

 ーーすると、楓が私に気付いて目が合った。


「……お盛んな事ですねー」


 抑揚のない口調でそう告げると、イチャつく2人の目の前を横切る。


「何あれ~。感じわるぅ~い」


 相変わらずの甘ったるい声で女が何か言っているようだったが、私はそんな事など気にせずに立ち去ると自分の教室へと向かった。

 静まりかえった教室の扉を開けると、放課後という事もあるせいなのか、やはりそこには誰一人として居らず、ガランとしている。

 教室の後ろにあるロッカーの前まで行くと、私は【藍原】とシールの貼られた扉を開いた。
 中からジャージを取り出すとゴミ箱の前に立ち、制服のポケットに忍ばせていたハサミを取り出してジャージを切り刻む。


「……夢が悪いんだから」


 そう呟くと、切り刻んだジャージをゴミ箱の中へと捨てた。



ーーーガラッ



「ーー朱莉」



ーーー!?



 突然、教室の扉が開いたのと同時に声を掛けられ、私の身体はビクリと小さく震えた。

 その声の主は、私の側までやってくるとチラリとゴミ箱に視線を向ける。


「やっぱり、朱莉か……」


 恐る恐る視線を上げると、そこに見えたのは無表情のまま私を見つめる奏多の姿だったーー





ーーーーーー



ーーーー
0