歪ーいびつー【完】

 前の話

次の話 
※※※





「は? ……逃げてばかりって、何?」


 俺の胸倉を掴んでいる奏多の手首を掴むと、そのまま奏多を鋭く睨みつける。


「お前は……。昔から、他の女に逃げてばかりだろ?」


 そう言ってニヤリとほくそ笑んだ奏多。
 その挑発的な態度に腹が立ち、奏多の胸倉を掴み返すとその身体を壁に突き押した。

 そのまま睨み合う、俺と奏多ーー


「……本当の事だろ? 楓、お前は怖くて逃げてるんだよ」

「……っ!」


 拳を握り、奏多を殴ろうとしたーーその時。


「やめ、てぇ……っ! ごめんなさっ……私がっ……私が、悪いの……っ」


 泣きながら、俺と奏多の腕を掴んだ夢ちゃん。
 その手元を見てみると、小さくか細い指はカタカタと震えている。


「……夢ちゃん。危ないから、離れて」


 優しくそう諭せば、フルフルと首を横に振って答える夢ちゃん。


「だめっ……。楓くっ……だめ……っ」


 頑なにその場を離れようとしない夢ちゃん。
 その様子を見て、奏多の胸倉を掴んでいた手を離すと、安全な場所まで離そうと夢ちゃんに向けて手を伸ばしたーーその時。


「ーー触るな!」


 夢ちゃんをグッと抱き寄せた奏多が、怒りを滲ませた瞳で俺を睨みつけた。


「……夢。わかってるだろうけど、もうこの2人とは関わったらダメだよ。ーーわかった?」


 俺を睨みつけたままの奏多を見上げ、戸惑いながらも小さくコクリと頷いて答えた夢ちゃん。


「っ……奏多!」

「だめっ……! ぅっ……ごめっ、んね……っ。優雨ちゃっ……、かえっ、でく……っ」


 止めに入ろうする俺に、ダメだと言って首を横に振る仕草をみせた夢ちゃんは、悲しそうな顔をしてごめんねと謝る。


「お前達が夢に関われば、俺は夢に罰を与える。……それが嫌なら、金輪際夢には関わるな」


 冷め切った瞳で俺と優雨ちゃんを交互に見た奏多は、吐き捨てるようにしてそう告げると、その視線を夢ちゃんへと向けた。


「夢は、俺の言う事だけを聞いていればいいんだよ。……じゃあ、帰ろうか」


 愛おしそうに夢ちゃんの髪を撫でると、再び夢ちゃんを抱き寄せてそのまま歩き始めた奏多。


「夢……っ」


 ポツリと小さな声で呟いた優雨ちゃんは、俺の隣で静かに涙を流す。

 その横で、俺は立ち去ってゆく夢ちゃんの後ろ姿を眺めながらーー
 ただ、ジッと佇んでいたのだった。






ーーーー



ーーーーーー
0