歪ーいびつー【完】

 前の話

次の話 
※※※





 夢ちゃんの様子を見る為に保健室へと向かっている途中、女の子に捕まってしまいすっかりと遅くなってしまった。

 最近、夢ちゃんに避けられ続けていた俺は、今日、久方ぶりに夢ちゃんに触れたような気がする。
 そんなことを考えながらも、保健室で見た夢ちゃんの姿を思い出すーー


 首元に付けられた、いくつかの痕。あれは、奏多に無理矢理付けられたのだろう。
 奏多とだって、本当は付き合ってなどいないはず。それは、見ていればわかること。

 奏多を見る夢ちゃんの瞳は、酷く怯えているからーー


(夢ちゃん、まだいるかな……)


「奏多っ!! 夢を離してっ! やめてっ! ……やめてよ!!!」



ーーー!?



 保健室の近くまで来てみると、突然聞こえてきた争うような大きな声。

 次の瞬間ーー
 奏多に無理矢理引っ張られている夢ちゃんと、それを必死に止めようとしている優雨ちゃんが、もつれるようにして保健室から出てきた。


「ーー何やってるんだよ!」


 俺はそう叫ぶと3人の元へと駆け寄り、奏多の肩をグッと掴んだ。


「……奏多。何やってんの?」


 チラリと目線を下へと向けてみると、奏多に腕を掴まれた夢ちゃんが泣いている。
 その横に視線を移してみると、今にも泣き出しそうな顔をしている優雨ちゃんの姿がある。


「……何? この状況。奏多、何やってんの?」

「楓には関係ないよ」


 冷めた顔をした奏多が、チラリと俺に視線を向ける。


「夢を離してっ!……夢を離してよっ!!」


 奏多の腕を掴んでいる優雨ちゃんが、必死に奏多から夢ちゃんを引き離そうとする。


「離してあげなよ……。夢ちゃん、泣いてるよ」


 俺は奏多の腕を掴むと、その手にギュッと力を込めた。
 それでも全く離そうとする気配のない奏多に、掴んだ腕をグッと持ち上げると無理矢理夢ちゃんから引き離す。


「奏多……。最近、おかしいよ? どうしたの? 夢ちゃん泣かせるなよ」

「……楓には関係ないって言っただろ」


 そう言って俺を睨みつける奏多。


「夢っ……。大丈夫?」


 奏多から解放された夢ちゃんをそっと抱きしめると、心配そうに顔を覗き込む優雨ちゃん。
 
 ーーすると、それを見た奏多が突然声を荒げた。


「夢に触るなっ!」


 突然の怒声に、ビクリと肩を揺らして驚いた優雨ちゃん。その腕の中で、怯えた夢ちゃんが小さく身体を縮こませる。


「やめろよ、奏多!」


 奏多の肩を掴むと、今にも夢ちゃん達に向かって行きそうなその動き止める。
 
 奏多はそんな俺の手を振り払うと、俺の胸倉を掴んで鋭く睨みつけた。




「……逃げてばかりいるお前に、とやかく言われたくはないね」






ーーーーーー
0