歪ーいびつー【完】

 前の話

プロローグ

次の話 




「ーー愛してる」


 そう笑顔で告げると、掴んでいた柵を離し両手を広げた。

 ゆらりと揺れる身体。

 雲ひとつない綺麗な青空が広がり、まわりの音さえ何も聞こえない。

 それはやけにスローモーションで。
 ふわりと後ろへ傾いてゆく身体。

 ゆっくりーーゆっくりと。

 まるで、この綺麗な空へ飛んでゆくかのようにーー



 どうして私達は、
 こうなってしまったのだろうーー


 いつからーー
 いつからこうなってしまったのだろう。

 あの頃に戻りたいーーあの頃に。




「ーーい゛やあぁぁぁぁぁぁー!!!! 」


 空気を裂くような絶叫に、遮断されていた音が一気に蘇る。


「いやぁぁー!! ……いやぁぁぁぁー!!! ぅっ……グッ……なんでっ……。なんっ……でぇ……。なんでぇ……っ……」


 力を無くした足は、立っている事ができずにその場に崩れ落ちた。

 少し熱を持ったアスファルトに掌をつくと、その手をキュッと握りしめる。
 握りしめた掌のすぐ横のアスファルトには点々と模様ができ、それは徐々に大きなシミとなっていった。


「どうしてっ……ぅっ。……ぅぅっ……どうしてぇぇぇーー!!!!!!」


 悲痛な叫び声は虚しく響き渡り、行き場を無くした声はただ空へと消えていった。

 なんで? どうして?

 何度叫んだところで、その答えは返ってくるわけもなくーー


 ただ、遠くで微かな鈴の音が聞こえるだけだった。





ーーーー



ーーーーーー




0