歪ーいびつー【完】

 前の話

小5【夏】①

次の話 
※※※




 容赦なく照りつける太陽に、ジワリと汗が滲む。
 額に流れる汗を片手で拭うと、私は持っていた麦わら帽子をかぶりなおした。


「晴れてよかったぁ」


 前日まで降っていた雨が嘘のように、雲ひとつない青空を見上げて呟く。

 楽しみにしていた林間学校が中止にならずに良かったと、思わず笑みがこぼれる。

 ジリジリと照りつける太陽に、心地よい風が吹いてフワリと髪を撫でてゆく。


(気持ちいい……)


 あまりに心地よい風に、そっと目を閉じると両手を広げてみる。
 川の流れる音、鳥のさえずり、緑の匂い。

 それらを肌で感じ、風に乗ってまるで空を飛んでいるかのような感覚。


(本当に、飛べたらいいのになぁ……)


 そんな事を考えていると、少し強めの風にあおられ足元がぐらついた。


「……あっ」


 倒れるーーそう覚悟した時、後ろから誰かに肩を掴まれた。


「ーー夢、大丈夫?」


 そう声を掛けられ、倒れないように支えてくれたんだと気付く。


「っ、うん。……ありがとう、涼くん」


 ホッと胸を撫で下ろしながら振り返れば、ニカッと爽やかに笑う涼くんと目が合った。

 涼しげな目元に、通った鼻筋。小麦色に焼けた肌がよく似合う。
 整った顔立ちながら、その嫌味のない笑顔には思わず見惚れてしまう。


「皆もう、先に行っちゃったから。……俺らも急ごう」


 そう言った涼くんの目線を辿ると、先生に引率された生徒達が、楽しそうに話しながら川辺を歩いている姿が見える。


「……うん」


 背負っているリュックを軽く背負い直すと、私は涼くんと並んで歩き出した。


「足元悪いから、気をつけて」

「うん。ありがとう」


 差し出された手に自分の手を添えると、それをキュッと握りしめた涼くん。

 その行為が、何だか凄く恥ずかしくて。
 でも、凄く嬉しくてーー

 私はいつまでも、そうしていたいと思った。






※※※






「夢ってさぁ〜、涼の事が好きなの?」

「……えっ?!」


 朱莉ちゃんからの突然の質問に驚くと、勢いで軽く地面に刺さっていたペグを引き抜いてしまった。


(あぁ……。やっと刺さったのに……)


 呆然とそんな事を思っていると、少し強めの風に煽られてテントがぐらついた。


「わぁー! ちょ……っ夢! 何やってんのっ!」


 焦った朱莉ちゃんの声に、ハッとする。


「あっ……。ご、ごめんね!」


 急いでテントの端を掴むと、またペグを打ち込む作業に戻る。だけど、中々上手く刺さってくれない。


「……けどさー。涼は、絶対に夢の事が好きだよね〜」


 カンカンカンカン
 ペグを打ち込みながらも、再び話し始めた朱莉ちゃん。


「優雨もそう思うでしょ?」

「……そうだね」


 興味がないのか、素っ気なく答える優雨ちゃん。

 私はこの会話が恥ずかしくて、ただ黙々とペグを打ち込む作業を続ける。ーーそれにしても、刺さってくれない。

 カンカンカンカン鳴り響くだけで、ペグは中々埋まってゆかず、ただただ右手の疲れが増す一方。
「できたー!」と言う朱莉ちゃんの声に焦って自分の手元を見てみると、ペグはまだ半分も刺さっていない。


「ーー私がやるよ」


 いつの間にいたのか、自分の分のペグを刺し終わった優雨ちゃんが、すぐ隣にしゃがんで笑顔で右手を差し出してきた。
 
 大人っぽく整った顔立ちから作り出されるその笑顔は、とても優しく穏やかな表情をしている。

 肩まで伸びた髪の毛を耳にかける仕草が、妙に大人っぽく感じてドキリとする。


「えっ。でも……」

「大丈夫だよ」


 自分の担当くらいやらなくてはと、申し訳なく思い躊躇う仕草を見せれば、優しく微笑み大丈夫だと告げる優雨ちゃん。


(本当に、頼んじゃってもいいのかな……?)


 そんな事を考えていると、私へと向けられていたその視線が、ゆっくりと私の背後へと向けて移動した。
 どうしたのかとその視線を辿って振り返ってみると、そこには私を見下ろす涼くんが立っていた。


「俺がやるよ」


 ニカッと笑った涼くんは、私の手に握られたペグハンマーを取ると、一気にペグを打ち込んでいく。
 そのままあっという間にペグを打ち込み終えると、「はい、これで終わり」とペグハンマーを私の手に戻し、その場を立ち去って行く涼くん。


「あっ……ありがとう!」


 離れてゆく涼くんの背に向けてお礼を告げれば、振り返った涼くんが私に向けて笑顔で手を振って応えてくれる。
 それに応えるようにして小さく手を振り返すと、そんな私の姿を確認した涼くんは、ニコリと微笑むと自分のテントへと帰っていったーー。


「ーーねっ? 言ったでしょ? 涼は、夢の事が好きなんだよ〜」


 小首を傾げながら、からかうように私の顔を覗き込む朱莉ちゃん。その大きな目を上目遣いにしてクスクスと笑う姿は、愛嬌たっぷりでとても可愛らしい。

 私は恥ずかしさから徐々に顔が赤くなってきたのを感じると、それを隠すようにして俯いた。


「もう……。朱莉、いい加減に夢をからかうのはやめなよね」

「は〜い」


 未だ朱莉ちゃんはクスクスと笑ってはいるものの、優雨ちゃんのお陰でやっとこの会話を終えることができる。そう思うと、熱かった顔から徐々に熱がひいくるような気がした。

 そっと両手で頬に触れて確認してみれば、それはいつもと変わらぬ体温で……。良かった、と一人胸をなでおろす。


「ーーテントが出来た班は、夕食の準備を始めなさーい!」


 触れていた頬から両手を離すと、顔を上げて声のした方へと視線を向けてみる。すると、少し離れた場所から次の指示を出している先生の姿が目に留まった。

 周りを見渡してみれば、既に夕食作りに取り掛かっている子達がチラホラと目につく。


「私達も行こうか」

「「うん」」


 優雨ちゃんに促されるようにして屋外キッチンへと向かうと、私達に割り当てられた場所には既に人数分の食器が揃っていた。
 きっと、先に来た誰かが用意してくれたのだろう。

 そう思って見渡してみれば、そこにはやっぱり見覚えのある後ろ姿があった。


「……あっ! やっと来たんだねっ」


 私達の気配に気付いたのか、振り返った楓くんはニコリと微笑むと私達の元へと歩み寄ってきた。


「涼達は、炭と食材を取りに行ってるよ」


 目の前でピタリと立ち止まると、可愛らしい笑顔でそう告げた楓くん。

 女の私よりも可愛い顔をした楓くんは、知らない人が見たら女の子だと勘違いしてしまうかもしれないーーそう思う程に、とても可愛らしい顔立ちをしている。
 左目の泣きぼくろが、その顔立ちによく似合っている。


「食器は、楓が持ってきてくれたの? ありがとう」

「さっすが! うちの班の男子達は、頼りになるね〜! 楓、ありがとう」

「どういたしまして」


 優雨ちゃんと朱莉ちゃんが口々にお礼を告げると、ニッコリと可愛らしく微笑んだ楓くん。


「……楓くん、ありがとう。遅くなっちゃって、ごめんね?」

「大丈夫だよ、夢ちゃん」


 遅くなってしまった事を申し訳なく思い謝ると、楓くんは「気にしなくていいよ」と優しく微笑んでくれる。


「よしっ。じゃあ……涼達が帰ってくる前に、食器洗ってよっか」


 そんな朱莉ちゃんの言葉を合図に、それぞれが食器を持って流しへと移動を始める。

 涼くん達に準備させてばかりで悪いと思った私は、その分、料理を頑張ろうと心の中で小さく気合いを入れる。
 食器を持って、皆んなの後に着いて流しへ持って行こうとした、その時ーー


「ーー夢」


 不意に後ろから名前を呼ばれ、食器を持とうと伸ばしかけた手を止めると、ゆっくりと背後を振り返った。
 ーーするとそこには、食材を抱えて戻ってきた奏多くんが立っていた。

 澄んだ切れ長の瞳に、キリリとした表情と凛とした佇まい。抱えている食材が何だか似合わなくて、私は思わずクスリと笑みを漏らす。


「……奏多くん、食材ありがとう」

「……。うん」


 一瞬、不思議そうな顔をみせた奏多くんは、少しの間を置くといつも通りの表情に戻って頷いた。


 ーーその後、皆で食器や食材を洗っているとすぐに涼くんも戻ってきて、お腹がよじれる程に大笑いし合った夕飯作りは本当に楽しいものだった。

 私の顔に、洗剤の泡を付けてくる朱莉ちゃん。
 お返ししようとしたら、なぜか優雨ちゃんに付いちゃって。それを見て、可笑しそうに笑う涼くん。

 夢中で火起こししていたら、いつの間にか顔中がすすだらけでーー涼くんと二人、顔を見合わせ笑い合った。

 私が包丁を握ろうとしたら、危ないからと使わせてくれない奏多くん。
 そんな奏多くんに呆れながらも、優しく包丁の使い方を教えてくれた優雨ちゃん。

 何だかよくわからない虫が飛んできた時には、ビックリして少し涙が出ちゃったけど。「大丈夫だよ」って、優しく楓くんが追い払ってくれた。

 料理が上手く出来たと、朱莉ちゃんと二人でハイタッチ。
 私がおたまを持ったままだったから……。カレーが飛び散っちゃって、皆んなに少し怒られたりもしたけど。

 初めてのキャンプでの料理はとても楽しくて、6人で作ったカレーは本当に美味しくて……。

 また、皆でキャンプができたらいいなってーーそう、心から思った。





ーーーー



ーーーーーー
0