歪ーいびつー

 前の話

次の話 





【愛しい君へ~】




 いつかお爺ちゃんお婆ちゃんになって

 その時を迎えるまで、ずっとずっと

 君の隣にいたかったーー





※※※






 君と初めて出会ったのは、小学3年生の頃。クラスが同じになった事がキッカケだった。

 垂れ目がちの大きな瞳に、色素の薄いサラサラの髪。
 真っ白な肌にほんのりと色づく頬。小さめだけど、スッとした綺麗な鼻と小さな口。

 まるでーーお人形さんみたいな子だなって。そう、思った。

 こんなに可愛い子がこの世にはいるんだって、俺はビックリしたんだ。

 家が近かった事もあって、すぐに仲良くなった俺達。
 同級生よりも身体の小さかった夢は、俺にとってまるで妹みたいな存在だった。

 俺が、守ってあげなきゃってーー


 可愛くてよく男子にからかわれる事の多かった夢は、よくイジメられて泣いていたね。
 泣いている夢を慰める為に頭をポンポンと撫でると、まるで花が咲いたかのような笑顔を見せる夢。
 俺はそれが嬉しくて、いつからか頭を撫でるのが癖になっていた。


 そんなある日、俺の中で小さな変化があった。
 他の子と仲良くする夢を見て、夢の1番は俺でいて欲しいって。そんな、独占欲にも似た感情が芽生えるようになっていた。



 ーーいつからか俺は、夢の事を1人の女の子として好きになっていた。



 2人の気持ちが同じなんだと知った時は、俺は凄く嬉しかったんだ。
 これからも、夢の事をずっと大切にしてあげたい。

 君が怖がるもの。君を泣かせるもの。全てから、守ってあげたいーー

 ずっとずっと、俺が守ってゆく。そう、強く思った。






ーーーーーー


ーーーー







 遠くなる意識の中で、夢の笑顔を思い浮かべる。


 可愛い、可愛いーー夢。



 俺は最期のその瞬間まで、ずっと君を想い続けていたーー






0