歪ーいびつー

 前の話

5月①

次の話 

※※※






「夢は今日も可愛いね……」


 そう言って優しく微笑む奏多くんは、私を抱き寄せると優しく髪を撫でて頬にキスをする。



 オリエンテーション合宿が終わってから、無事に奏多くんとも仲直りのできた私は、何事もなく平穏な日々を過ごしていた。


『もう、奏多の事は大丈夫だから安心して』


 そう告げた優雨ちゃんに連れられて奏多くんのところへ行くと、『怖がらせてごめんね』と謝ってくれた奏多くん。
 それからは、以前と変わらぬ日常へと戻った。

 唯一、変わった事といえばーー
 奏多くんのスキンシップが激しくなった事。


「……ありがとう、奏多くん」


 以前された事が未だにトラウマとして残っている私は、怒らせることのないよう、大人しく奏多くんのスキンシップを受け入れている。

 勿論、キッカケとなった隼人くんとは一切関わらないようにしているし、隼人くんもまたーー私に話しかけてくる事はなかった。

 スキンシップの激しくなった奏多くんを見て、周りの生徒達はついに私達が付き合い出したと噂するようになり……。
 奏多くんも、それを否定する事はなかった。


「ーー夢ちゃん、おはよー!」


 上履きに履き替えていた私の肩をポンッと叩くと、満面の笑顔を向ける由紀ちゃん。


「おはよう、由紀ちゃん」
    
「やっぱり、噂は本当なの? 奏多くんと付き合い出したって」

「えっ……」


 ニッコリと笑って尋ねる由紀ちゃんを前に、返答に困った私はその場で狼狽えた。


「ーー本当だよ」


 背後から聞こえてきた声に振り返れば、上履きに履き替え終わった奏多くんが優しく微笑んで立っている。

 こんなにハッキリと肯定する奏多くんを見たのは初めてで、私はとても驚いた。


(奏多くん……。私達、付き合ってなんていないのにどうして……)


「やっぱりそうなんだっ! 2人とも、凄くお似合いだねっ! じゃあ……。私はお邪魔だろうから、先に行くねっ」


「夢ちゃん、また後でね」と手を振って去ってゆく由紀ちゃん。


「ーーこれで皆んなに知れ渡るだろうね」


 そう言って微笑む奏多くんを見て、私はとても戸惑った。
 奏多くんが何を考えているのか……全くわからないのだ。

 平気で由紀ちゃんに嘘をついた奏多くん。
 表情こそ笑顔でいるけれど、そんな奏多くんを見て再び怖いと感じ始める。



 それでも、私は臆病者だからーー

 奏多くんを前にして、何も言うことはできなかった。







※※※







 翌日から、私への嫌がらせが酷くなっていった。

 奏多くんが交際を肯定し始めた事であっという間に噂は広がり、奏多くんファンが激怒したのだろう。

 教科書がズタズタに切り裂かれたり、悪口を書かれたり……。または、筆箱が無くなったり。
 毎日のように、何かしらされた。

 それでも、私は誰にも相談する事ができずに、一人隠れて涙を流してはただ黙って耐えるしかなかった。



 ”辛い” ”助けて” と泣き叫べたら、どんなに楽だったかーー

 私はその勇気さえ、持ち合わせていなかったのだ。





ーーーーーー



ーーーー







※※※







(涼くん……。私ね……、今凄く辛いよ……。学校に行くのが、凄く辛いの……っ)


 閉じていた瞼をゆっくりと開くと、いつもと変わらぬ眩しい笑顔の涼くんを見つめる。


「ーー夢ちゃん。お菓子どうぞ」


 そう声を掛けられ、席を立って仏壇前から移動する。


「……ありがとうございます」


 お菓子と一緒に出されたグラスを手に取ると、中に注がれたジュースをコクリと一口飲み込む。


「……夢ちゃん。学校は楽しい?」


 そう言って優しく微笑む涼くんのお母さん。
 その見た目は今でも充分に綺麗なのだが、その頬は痩せこけ本来の美貌は影を潜めている。


 涼くんが亡くなってからーー
 私は、暫く学校に行けなくなってしまった時期があった。
 それは、小学校を卒業するまで続いた。

 涼くんと共に過ごした学校。そこにはもう、涼くんがいないという現実が辛くて、私にはどうしても受け止められなかったのだ。

 私は家にこもるようになり、外出するといえば涼くんの家に行く時だけとなった。
 そんなある日ーー

 中学校の入学式を数日後に控えていた私は、涼くんのお母さんに泣きながら告げられた。


『夢ちゃん……、ごめんね。おばちゃんも頑張るから……っ。一緒に頑張ろう……。本当に、ごめんね……。ごめんなさい……っ』


 何も悪い事などしていないのに、泣きながら謝る涼くんのお母さん。
 その姿を見て、涼くんを亡くして私以上に辛いはずなのに、私の不登校が更に追い詰めていたのだとーー私は、その時初めて気が付いた。

『ごめんね、ごめんね……』と何度も泣いて謝る姿に、私は学校へ行く決意を固めた。

 私は、頑張らなくてはいけないのだとーー


「ーーはい、楽しいです」


 そう笑顔で答えると、涼くんのお母さんは嬉しそうに微笑む。


「そう、良かったわ」


 そう言って目の前のグラスを手に掴んだ涼くんのお母さんは、グラスに注がれたお茶を口の中へと流し込んだ。



ーーーー



ーーーーーー

0