美少女は保護られる〜私の幼なじみはちょっと変〜

 前の話

11 君は私の彼氏でした!?②

次の話 
※※※





「私、いちご練乳かき氷ー!」

「ご飯は?」

「いらなーい」

「後で、腹減ったとか言うなよ?」


 私をジロリと見たお兄ちゃんは、そう告げるとひぃくんと一緒にレジへと歩いて行く。

 遊び疲れた私達は、数件ある海の家から一番近場を選ぶと、四人で昼食を取る為に店内へと入った。

 皆が焼きそばだのカレーだのと言っている中、私だけかき氷を頼むとお兄ちゃんは呆れた顔をしていた。


(暑くて食べる気しないんだもん……。よく皆、食べれるよね)


 適当に空いている席に座ると、お兄ちゃん達の後ろ姿を眺める。


(あ……。また女の人に逆ナンされてるし)


「声、掛けられすぎ……」


 私は小さく溜息を吐くとポツリと呟いた。

 男二人になった途端にこれだ。
 本当に、二人はよくモテる。


「二人とも、イケメンだからね……」


 目の前に座った彩奈は小さくそう呟くと、お兄ちゃん達の後ろ姿を見つめて目を細めた。


(何だか、さっきから彩奈の様子がおかしい気がする……)


 そう思いながらも、再びお兄ちゃん達へと視線を戻す。


 何やら、女の人達と話しているお兄ちゃん達。
 よく見ると、お兄ちゃんの腕に自分の腕を絡ませて胸を押し付けている。


(随分と積極的なお姉さんだなぁ……。凄い)


 唖然として眺めていると、突然ひぃくんがこちらを振り返ってヒラヒラと手を振り始めた。


(え!? ……な、何?)


 そう思いながらも、小さく手を振り返してみる。
 すると、私達の方を見た女の人達が残念そうな顔をして去って行った。


(あ……ナンパ避け? 取り敢えず、役に立てたんなら良かった)


 ホッとしたのと同時に、早くかき氷が食べたくなる。


「お兄ちゃーん! かき氷ぃー!」


 お兄ちゃんへ向けてそう催促をする。


(暑いから、早くかき氷が食べたい。さっさと買ってきてよ……)


 そんな自己中な事を考えていた私。

 お兄ちゃんは呆れた様な顔をすると、クルリと背を向けて今度こそレジへと向かって歩き出した。


「兄使いが荒いわね」


 チラリと私を見た彩奈は、そう言うと呆れたように溜息を吐く。


「だって、暑くて……」


 私は彩奈に向けてそう言うと、エヘヘッと笑ってごまかした。





 ※※※





「んーっ! 冷たくて美味しぃー!」


 お兄ちゃんが買ってきてくれたかき氷を頬張りながら、両頬を包んで身悶える。

 火照った身体に冷えた氷が染み込むようで、予想以上にかき氷が美味しく思えた。


「良かったねー」


 私の隣で、ひぃくんが嬉しそうに微笑む。
 そんなひぃくんの目の前に置かれたカレーチラリと見ると、何だか私も食べたくなってきた。


(……やっぱり、ご飯も買ってきてもらえば良かったかも。美味しそう……)


「カレー、食べる?」


 ジッと見ていた私に気付いたのか、ひぃくんはそう言うとクスリと笑った。


「えっ! いいの!?」

「だから言っただろ……」


 喜びに瞳を輝かせる私に向けて、呆れ顔のお兄ちゃんは溜息混じりにそう告げる。


(だって……。あの時は、食べたいと思わなかったんだもん)


「いいよー。はい、あーん」


 ひぃくんから差し出されたスプーンにパクッと食いつくと、辛すぎないカレーが口の中いっぱいに広がった。


(あー……っ。なんて、幸せなんだろう……。海で食べるカレーって、こんなに美味しかったんだぁ。頬っぺた落ちそう……)


 思わず、顔がニヤける。


「幸せぇー」

「花音、可愛いー。もう一口食べる?」

「うんっ!」

「はい、あーん」


 あまりの美味しさに、お兄ちゃんと彩奈が目の前にいる事も忘れてしまう。

 私はひぃくんから差し出されたスプーンにパクリと食いつくと、美味しいカレーを頬張った。


「……響さん。何だか、いつにも増して花音にベッタリな気が……」


 私達を見つめる彩奈にそんなことわ言われ、ハッと我に返った私は口元を抑えた。


(つい、素直に食べちゃった……。何やってるの、私……。これじゃ、ただのバカップルだよ)


「んー? だって、花音は俺のお嫁さんだからねー」


 彩奈を見て、ニッコリと微笑むひぃくん。


「え……? それって、付き合ってるって事?」

「そうだよー」


 彩奈からの質問に、笑顔でそう答えるひぃくん。


(えっ!? まだ、その設定続いてたの!?)


「ひ、ひぃくん……。もう、その設定はいらないよ?」


 困った様に笑いながらそう告げると、ひぃくんは途端に悲しそうな顔をする。
 それを見て、思わずギョッとする私。


(えっ……。私、何か悪い事言った?)


「花音っ……。離婚だなんて、言わないでよー!」


 ウルウルと瞳を潤わせたひぃくんは、そう言うと私を抱きしめた。


(え……? 何それ……)


「……お前ら、いつから付き合ってたわけ?」


 その声に視線を向けると、何だかドス黒いオーラを漂わせたお兄ちゃんが……。私を、ジロリと見ている。


「つ、つっ、付き合ってなんかないよっ!」

「付き合ってるよーー!!」


(や、やめてひぃくん! お兄ちゃんが誤解するからぁー!)


 付き合っていないと言う私の横で、ひぃくんは私を抱きしめながら付き合っていると言う。

 ーー本当に、やめて欲しい。


(お兄ちゃんの顔が、どんどん鬼になってきてることに気付いてよ……っ!)


 抱きつくひぃくんを退けようとするも、ひぃくんの力が強すぎて退けられない。


(鬼が……っ。鬼がぁー!!)


「え……。で、どっちなの? 付き合ってるの? 付き合ってないの?」


 少し呆れた様な顔で質問をする彩奈。


「付き合ってないよー!」

「付き合ってるよー!」

「もう、やめてよひぃくん! 嘘付かないでっ!」

「嘘じゃないよー!! 花音、酷いよー!!」


 大きな声でそう言ったひぃくんは、私に抱きついたままメソメソと泣き始めた。


(えー……。何か、私が悪者……なの? 何で泣くのよ……)


 そんな私達に呆れた彩奈が、小さく溜息を吐くと口を開いた。


「うん、わかった。じゃあ……響さん。花音とは、いつから付き合ってるの?」


(……え!? 付き合ってないよ! 彩奈!)


 そう思いながら彩奈を見ると、いいからお前は黙っとけって顔をされる。


(そんなに怖い顔しなくても……)


 仕方がないので、素直に黙って見守る私。


「……体育祭の時。花音が、お嫁に来てくれるって言ってた」


(え……。えっ!? あ、あの時の!?)


 私は数ヶ月前の出来事を思い返してみたーー

 確か、ひぃくんが告白されたと聞いて、私がどうなったのか尋ねたやつ……。
 気になるって事は、俺の事が好きだって事だと言われてーー

 そこまで思い出すと、一気に顔が熱くなる。


(いっ、いやいやいや! 私、別にひぃくんの事好きじゃないし! ……うん。断じて違う! えっ、待って……。あれで、付き合う事になっちゃうものなの……? それが普通なの?)


 交際経験のない私には、さっぱりわからない。
 チラリとお兄ちゃんの方を見ると、興味がなくなったのか、平然として焼きそばを食べている。


(え……。わからない……誰か、教えて)


 彩奈を見ると、真っ赤になっているのであろう私の顔を見て、フッと笑うと自分の焼きそばを食べ始めてしまった。


(え? え?! その笑いは、どういう意味?!)


 一人でパニックになる私。


「……花音。体育祭の事、覚えてないの?」


 未だメソメソと涙を流し続けるひぃくんは、悲し気な顔をさせながら私の顔を覗き込んだ。


「覚えてる……、けど」


(あれで、彼女になっちゃうものなの……?)


 ……私にはよくわからない。


「花音は、俺のお嫁さんだよ? 彼女だからね? 絶対に離婚なんてしないっ!」


 ひぃくんはそれだけ告げると、私に抱きついたまま更にメソメソと涙を流し始めた。


(え……。やっぱり……私、ひぃくんの彼女なの? そうなの?)


 最近、やたらとスキンシップの激しくなったひぃくん。
 確か、ケーキを食べていた時は口を舐められた。

 さっきだって、「あーん」なんて、普通に喜んで食べてしまった……。

 私は呆然としたまま、ゆっくりとテーブルへと視線を落とした。
 左手に握られたかき氷の器が汗をかき、冷んやりとした水滴が指先を伝ってポタリとテーブルへ落ちる。


(そっか……。私、彼女だったんだ……。あれで、彼女になっちゃうんだ……知らなかったよ……)


 メソメソと泣きながら抱きついてくるひぃくんをそのままに、私はテーブルにできたいくつもの水滴を見つめながら、ただ、呆然とそんな事を考えていたのだったーー。





0