美少女は保護られる〜私の幼なじみはちょっと変〜

 前の話

12 そんな君が大好きです①

次の話 
※※※






「ーーねぇ、お兄ちゃん。付き合うって、具体的に何すればいいの?」


 夕食を食べていたお箸を止めると、お兄ちゃんの様子を伺う様にチラリと見る。


 ーー海に行ってから三日、私がずっと悩んでいる事。


 ”付き合うって何?”


 彩奈に聞いてみると、「いつも通りでいいんじゃない」と言われてしまった。

 本当に、それでいいのだろうか?


「……はっ?!」


 目の前のお兄ちゃんは、驚いた顔をすると口を開けたまま私を凝視する。


(はっ? て何よ……。ちゃんと答えて欲しい。これでも一応、お兄ちゃんに聞くのは凄く恥ずかしかったんだから)


「花音……。お前、誰かと付き合うのか?」

「え?」


 急に真剣な顔をするお兄ちゃん。


(何言ってるの? 私、もうひぃくんと付き合ってるのに。……変なお兄ちゃん)


「誰って……。私、ひぃくんと付き合ってるでしょ?」

「はっ?!!」


 私の言葉に、再び驚いた顔をするお兄ちゃん。
 そんなお兄ちゃんがちょっぴり面白くて、私は思わずクスクスと声を漏らした。

 そんな私を見たお兄ちゃんは、顔を元に戻すとギロリと私を見る。


(……あ、あれ? ちょっと鬼が……)


 鬼の片鱗をうかがわせるお兄ちゃんに、瞬時に顔が引きつる。


「あ……っき、今日の海老フライ美味しいねー! お兄ちゃん、本当に料理が上手! す、すごーい!」


 ご機嫌を取るために言った台詞がもの凄く棒読み状態になってしまい、焦った私は笑顔を引きつらせた。


(お兄ちゃんの視線が、痛い……。ヤッ……ヤバイ。どうすればいいのっ……ピンチッ!)


 堪らず俯いて目をつぶると、お兄ちゃんの盛大な溜息が聞こえてきた。


「……花音。お前、響の言った事本気で信じてるのか?」

「……へっ?」


 俯いていた顔を上げると、素っ頓狂な声を出してお兄ちゃんを見る。


「え……。違うの?」


 そう尋ねてみれば、再び盛大な溜息を吐いたお兄ちゃん。


「あの時、嫁に行くなんて言ったか? ……第一、付き合うとも言ってないだろ?」

「あ……うん、言ってない。……じゃあ、付き合ってないの?」


 私の言葉に呆れた様な顔をみせたお兄ちゃんは、小さく溜息を吐くと再び口を開いた。


「当たり前だろ。そんなんじゃ他の男に騙されるぞ? ……俺はお前が怖いよ。何でそんなのもわからないんだよ」


 お兄ちゃんはそう言うと片手で額を抑えながら私を見た。


(お兄ちゃんの方が、怖いもん。鬼のくせに……)


 口には出せないので、心の中で呟く。


(どうせ、私はバカですよ……)


 不貞腐れて顔を俯かせると、そんな私を見たお兄ちゃんが口を開いた。


「花音。頼むから、俺から離れるなよ?」

「……はい」

「男と二人きりで会うなよ?」

「……はい」

「優しそうに見えても、ダメだからな?」

「はい……っ」


(何だか悲しくなってきた……。私って、そんなにバカなの? まるで子供扱い……)


 そう思った時、ポタリと涙が落ちた。


「泣くなよ……」

「だってっ……。お兄ちゃんがっ……」

「……キツイ言い方して悪かったよ。ごめんな?」


 お兄ちゃんはそう言ってポンポンと優しく頭を撫でてくれるけど、その優しい手の温もりに益々涙が出てきてしまう。


「私っ……バカじゃないもん」

「花音はバカじゃないよ。ちょっと、天然なだけだよ」

「……」


 慰められているのかよくわからない言葉に、思わず何も返せなくなる。

 それでも、頭を撫でてくれるお兄ちゃんの手はとても優しくて。
 私はボロボロと涙を流しながら、「お兄ちゃん、お兄ちゃん」と何度も繰り返し口にしたーー。






 ※※※






「どうしてひぃくんがいるの……」


 私の目の前で、ニコニコと微笑むひぃくん。

 
 ーー今日は、地元で花火大会がある為、私は彩奈の家で彩奈のお母さんに浴衣を着付けてもらったのだ。

 そこへ迎えに来たのが、お兄ちゃん。と、何故かひぃくん。
 ちゃっかり浴衣まで着ている。


「花音、浴衣可愛いー」

「何でひぃくんまでいるのよ」


 ジロリと目の前のひぃくんを見る。

 私は彩奈の家に行くとは、ひぃくんに一言も言っていない。


(何で知ってるのよ……)


「デートは1人じゃできないよー? 花音」


 そう言って小首を傾げてニッコリと微笑むひぃくん。


「デートじゃないしっ! ……だいたい、私達付き合ってないんだからね?!」


(お兄ちゃんに聞いたんだからっ。……もう、騙されないもん。騙すなんて酷いよ、ひぃくん。私、怒ってるんだからね!)


 キッとひぃくんを睨みつける。


「……っ離婚は、ダメ……ダメだよ、花音っ! 離婚だなんて、言わないでっ!!」


 真っ青な顔をしたひぃくんは、ガタガタと震えながら私を見つめる。

 まるで捨てられた仔犬のような瞳のひぃくん。
 今にも泣き出しそうなその顔に、私は小さく溜息を吐くとお兄ちゃんを見た。


(なんで連れて来たのよ……。お兄ちゃんのバカ)


 怨めしい気持ちで見つめると、私の視線に気付いたお兄ちゃんが口を開いた。


「仕方ないだろ……。勝手に付いて来たんだよ」


 お兄ちゃんはそう言うと、ウンザリしたように溜息を吐く。

 今にも泣き出しそうなひぃくんを見ると、何だか自分が悪者になった気分になってくる。


「……もういいよ。来ちゃったものは、しょうがないから……。ほら、ひぃくん行くよ!」


 私はそう言うと、ひぃくんの手を取って歩き出した。

 チラリと隣の様子を伺うと、ニコニコと幸せそうに微笑むひぃくんがいる。


(とりあえず、泣き出さなくて良かった。私も大概ひぃくんには甘いよね……)


 そんな事を思いながら、小さく溜息を吐く。


「ひぃくん……。浴衣、似合ってるね」


 ポツリと小さな声で呟くと、私を見たひぃくんが優しく微笑んだ。


「ありがとう。花音も似合ってるよ、凄く可愛いー」


 そう言ってフニャッと笑ったひぃくん。


 ーー私が言った言葉は、嘘ではない。

 あまりにもカッコイイひぃくんに、思わず出てしまった本音だった。

 浴衣を着たひぃくんはいつも以上にカッコ良く、何だかもの凄い色気すら感じる。

 私はドキドキと心拍数の上がってきた胸を抑えると、ひぃくんから視線を外して地面を見た。


(何、これ……。違う、違うよ絶対。……そんな事、あるわけない)


 気付き始めた自分の気持ちに蓋を閉じると、繋がれた手の温もりに集中しない様、ギュッと固く目を閉じる。

 それでも、意識は繋がれた右手に集中してしまいーードキドキと煩く鳴り続ける胸の音に、一人戸惑う。


(何これ……何なの……? 早く静まってよ、お願い……っ)


「花音とデートなんて、嬉しいなー。綿菓子あるかなー? 一緒に食べようねー」

 私の隣で、楽しそうに話し続けるひぃくん。

 そんなひぃくんの声を聞きながら、私はただずっとーー繋がれた右手に、意識を集中させていたのだった。



0