美少女は保護られる〜私の幼なじみはちょっと変〜

 前の話

17 君は変な王子様②

次の話 
※※※





 ニコニコと微笑むひぃくんの隣で、ジャージの上着を羽織わされた私はトボトボと力なく歩く。


(さっきは本当に、酷い目に遭った……)


 またひぃくんのせいで、とんだ晒し者になってしまった私。
 ぶつけた後頭部は未だにズキズキと痛み、そっと触れてみると小さなコブになっている。

 誤解も解けて幸せそうに微笑むひぃくんの横を歩く私は、小さくため息を吐くとひぃくんをマジマジと見つめた。


(さっきは、パニックすぎて気付かなかったけど……)


「ひぃくん、その格好……。何だか、王子様みたいだね」


 青いロングジャケットには綺麗な刺繍が施され、袖にはヒラヒラとした白い布が付いている。
 これが、中世ヨーロッパをイメージした衣装なのだろうか。

 私を見て、フニャッと微笑むひぃくん。


「格好いいね。ひぃくん、似合ってる」

「本当? 良かったー」


 私の褒め言葉に、とても嬉しそうな笑顔を見せるひぃくん。
 何だか急に恥ずかしくなって、顔を俯かせるとジャージの袖で口元を抑える。

 ひぃくんから借りたジャージは、やっぱりひぃくんの香りがする。


(まるで、ひぃくんに包まれているみたい……)


 そんな事を考えながら、鼻から空気を吸い込む。


(…………。私、変態みたい)


 大きすぎるジャージにスッポリと隠れている両手を見つめると、パッと顔を上げて口を開く。


「ひぃくん。お昼、どこで食べるの?」

かけるのとこだよー」

「えっ? お兄ちゃんのところ? ……いいの?」

「うんっ」


(絶対に来るなって言ってたけど……。本当に、大丈夫……?)


 ニコニコと微笑むひぃくんを見て、少し不安になる。


「きっと、面白いのが見れるよー?」


 そう言ってクスクスと笑うひぃくん。


(面白いのが見れるって、何だろう……?)


 ニコニコと楽しそうに微笑むひぃくんの横顔を見ていると、不安よりも好奇心の方が強くなってくる。


「楽しみだねっ」


 笑顔でひぃくんを見上げると、そんな私を見てニッコリと微笑んだひぃくん。
 そのまま私の手を取ると、ジャージの上から優しく握る。

 私は繋がれた手にキュッと力を込めると、満面の笑みと共にワクワクとした期待を胸に抱きながら、前に向かって足を進めたのだった。






 ※※※






 お兄ちゃんの教室の前まで辿り着くと、扉の前に飾られた看板を見て首を傾げる。

【男女逆転縁日】


(……男女逆転て、何?)


 首を傾げる私を見て、クスリと笑い声を漏らすひぃくん。


「楽しみだねー」


 ニコニコと微笑むひぃくんは、そう言うと教室の扉を開いた。



 ーーーガラッ



「わぁ……っ! 本当に、お祭りみたいだねぇ」


 沢山の提灯ちょうちんで飾られた教室は、まるで本物の縁日のようだった。

 スーパーボールすくいや輪投げなど、沢山の出店が並んでいる。
 私のすぐ目の前には、金魚すくいまである。


(本物の金魚がいるのかな……?)


 近づいて覗いてみると、そこにはキラキラと光る金魚が浮いていた。


「……わぁっ! 可愛いっ! ひぃくん、これ取って!」


 ひぃくんの腕を引っ張って、興奮気味にそう話す。

 水槽に浮いていたのは、電池でキラキラと光る玩具の金魚だった。
 昼食を食べに来たというのに、すっかり金魚に夢中になってしまった私。

 そんな私を見て、クスリと笑ったひぃくんは水槽の前にしゃがむと振り返った。


「何色がいいの?」

「ピンクっ! ピンクがいいっ!」


 ひぃくんの隣に腰を屈めると、水槽の中の金魚を見つめてそう答える。


「取れるかなー?」

「ーー絶対に取れるようにできてるから、大丈夫だよ」


 ひぃくんの言葉に、水槽の前に座っていた店番の人がそんな返答を告げる。


(あれ……? なんか、違和感が……)


 髭を生やした短髪のお兄さんは、何だかやたらと可愛らしい。


(それに、さっきの声……。女の人の声……、だった様な……?)


「良かったねー、花音。絶対に取れるってよ?」

「……うんっ!」


 店番の人をジッと見つめていた私は、慌ててひぃくんの方を見ると笑顔で頷く。

 その後、アッサリと金魚を取ってくれたひぃくん。
 本当に、誰でも取れるようにできていたらしい。

 掌にコロンと乗った金魚を見つめ、私はニコニコと微笑んだ。


「ひぃくん、ありがとう!」

「どういたしましてー」


 フニャッと笑ったひぃくんは、そう答えると私の頭を優しく撫でる。


「あっ……! ひぃくん、お兄ちゃんは?」


 すっかり忘れていたお兄ちゃん。
 一体、何処にいるのだろう?


「たこ焼き食べよっかー」


 そう告げると、ニッコリと微笑んだひぃくん。


(え? 私の質問は、ドスルーですか……?)


 そんなことを思いながらも、ニコニコと微笑むひぃくんに手を引かれてやって来たのは、教室の奥にあるたこ焼き屋の屋台。


(……いい匂い)


 その匂いにつられてお腹を鳴らした私は、お兄ちゃんの事はたこ焼きを食べてから探そうと、そんな風に考える。


「なんで、お前らがいるんだよ」


 突然聞こえてきたお兄ちゃんの声に驚き、慌てて周りを見回す。


(あ、あれ……? 今、確かにお兄ちゃんの声がしたのに……)


 姿の見えないお兄ちゃんを不思議に思いながらも、目の前で焼かれるたこ焼きをジッと見つめる。


「美味しそうだねー」

「うん。……お腹空いたぁ」


 たこ焼きから目線を外すことなくジッと見つめ続ける私を見て、隣にいるひぃくんはクスクスと笑い声を漏らす。


「……おい。シカトすんな」



 ーーー!?



(やっぱり、お兄ちゃんの声が聞こえる。え……、どこ?)


 周りを見回しても、お兄ちゃんらしき人は見当たらない。


「幻聴が聞こえる……」


 その不思議な現象に、ポツリと小さく声を漏らす。



 ーーー!?



「……痛っ!」


 いきなり、知らない女の人にうちわの角で叩かれた私。


(酷い……っ。私が、何したって言うの?)


「花音、大丈夫?」


 涙目で頭を抑える私を、心配そうに覗き込むひぃくん。

 今日は厄日だ。
 いくら元からポンコツだとはいえ、こんなに頭ばかり打っていたら本当にバカになってしまう。


「翔、酷いよー! 花音痛がってる!」


(……ひぃくん、違うよ。私を叩いたのは、お兄ちゃんじゃないよ。私達の目の前にいる、その背の高い綺麗な女の人だよ……)


 ビクビクとしながらも女の人にチラリと視線を送ると、女の人は小さく溜息を吐くと口を開いた。


「……悪い。角で叩くつもりはなかった、ごめんな」



 ーーー?!



「……えっ?! お兄ちゃん?!」


 大きな声を上げると、見開いた瞳で目の前の女の人を凝視する。


「何だよ……。気付いてなかったのかよ」


(……えぇぇええーー?!! めちゃくちゃ、綺麗なんですけどっ! ていうか……、なんで女装? お兄ちゃんて、もしかして……)


「女装が、趣味なの……っ?」


 思わず顔が引きつる。


「……アホかっ。んなわけないだろ。男女逆転て、書いてあったろ?」


 溜息混じりに、そう告げるお兄ちゃん。


「あぁ、なるほど……」


(そういう意味だったんだ……。良かった。お兄ちゃん、女装が趣味なのかと思っちゃった……)


 言われてみれば、金魚すくいのお兄さんにも違和感があった。


(やっぱり、女の人だったんだ……)



 ーーーカシャッ



 突然のシャッター音に視線を向けると、ひぃくんがお兄ちゃんを撮影している。


「おい……。ふざけんな、今すぐ消せ」


 ギロリとひぃくんを睨みつけるお兄ちゃん。


「花音にも、送ってあげるねー」


 そんなお兄ちゃんを無視して、ニコニコと微笑むひぃくん。


(……ひぃくん。お兄ちゃんの顔を、ちゃんと見て……? 鬼だから。そんなにドスルーしないで……)


「無視すんな……っ、響」


 おっかない顔をした鬼が、ひぃくんを睨みつける。

 そんな鬼に向けてニッコリと微笑むと、携帯を差し出して口を開いたひぃくん。


「翔。花音と一緒に、撮ってー?」

「……自由かよっ! あのな、今俺はお前らのたこ焼き作ってんだよ。んなもん撮れるか、アホ。……いいから、早く写真消せよ」


 イライラとしながら、溜息を吐いたお兄ちゃん。


(ひぃくんとの写真、欲しかったな……。だって、今のひぃくん本物の王子様みたいなんだもん)


「お兄ちゃんのケチ……」

「ケチー」


 私の言葉に、ニコニコと微笑むひぃくんも便乗する。


「お前ら……、いい加減にしろよ……っ?」


 ドス黒いオーラを放つ鬼に恐れをなし、思わずひぃくんの背後に身を隠す。

 その後、何だかんだで写真を撮ってくれたお兄ちゃん。


「……あーっ! 翔の写真が、消えてるー! 酷いよーっ!」

「煩い。肖像権違反だ」


 お兄ちゃんから返された携帯を見て、ワーワーと騒ぎ始めるひぃくん。

 そんな中、私はひっそりと自分の携帯を見た。


(……大丈夫だよ、ひぃくん。私の携帯に、ちゃんと届いてるから。……彩奈にも、送ってみよっと)


 私は後日、とんでもなく恐ろしい鬼に怒られる羽目になる。

 そんな事とはつゆ知らず、私は女装姿のお兄ちゃんの写真を眺めては、クスリと小さく笑みを漏らすのだった。





0