美少女は保護られる〜私の幼なじみはちょっと変〜

 前の話

21 君と私とロバと……②

次の話 





「……いや、ロバだろ」

「ロバだと思うけど……」


 シラけた顔をして答える、お兄ちゃんと彩奈。


(……ほらっ! ねっ!? ひぃくん、あれはロバだよ!?)


 お兄ちゃん達の言葉にニッコリと微笑んだひぃくんは、私に視線を移すとフニャッと笑った。


「……ほらね? 馬だって」



 ーーー!?



 満面の笑みで、堂々とそう言い放ったひぃくん。


(ひぃくん……。私、今ちゃんと聞こえてたよ……? お兄ちゃん達、ロバって言ってたじゃん。よくもそんなに、堂々と嘘が付けたよね……。ビックリだよ……)


 ひぃくんのその態度に、一瞬にして全員がドン引く。


「楽しみだねー?」


 ニコニコと微笑むひぃくんは、再び私の手を掴むとキッズコーナーへと向かって歩みを進める。


「……えっ!? ま、待って! 私、乗りたくないっ!」

「……えっ!? どうして!?」


 私の言葉に、さも驚いたような顔を見せるひぃくん。


(……何故、そこでひぃくんが驚くの?)


 思わず顔が引きつる。


「あれは、子供用だからっ! 乗れないよっ! ……無理っ!」


(……お願いだから、よく見てっ! 小さな子供しか乗ってないんだよ? それを私に……っ、乗れって言うの!?)


「大丈夫だよー。花音は可愛いからっ」


(いや……。だから、その理論は全くもって意味がわからないから!)


 嫌だ嫌だと叫ぶ私を無視して、ニコニコと微笑むひぃくんはキッズコーナーへと近付いてゆく。


「照れなくても、大丈夫だよ?」


(照れてるんじゃなくて、恥ずかしいんだよっ! 本当にわからないの……っ!?)


 ニコニコと微笑むひぃくんを見上げて、私の顔は真っ青に染まった。

 チラリとお兄ちゃん達の方を見てみると、ドン引いた顔で私達を見てはいるものの……。どうやら、私を助けてくれる気はないらしい。


(あぁ……っもう、無理……っ。お願い、誰か助けて……っ)


 そのままズルズルとキッズコーナーまで連れて行かれると……。
 気が付けば私のすぐ目の前にあったのは、なんとも絶妙な不細工加減が妙な味わいを出している、ロバのメロディペット。


(嫌だ……っ。こんなの、乗りたくないっ)


 泣きそうな顔をしてお兄ちゃんを見ると、プッと笑って私から目を逸らす。


(酷い……っ。助けて、くれないの?)


「花音っ。おいでー」


 そんな軽快な声が背後から聞こえた、次の瞬間ーー。
 フワリと宙を浮いた、私の身体。


(……えっ?)


 一瞬の隙にロバに乗せられてしまった私は、後ろにまたがったひぃくんにそのままガッチリと抱きしめられる。

 私の顔からは一気に血の気が失せ、青白く染まった顔面はヒクヒクと痙攣し始めた。


かけるっ、写真撮ってー?」


 そう告げると、お兄ちゃんに携帯を渡したひぃくん。


(え……っ。ま、待って……。嘘でしょ……っ?)


「しゅっぱーつ!」


 嬉しそうな声を上げたひぃくんは、ロバの首元にお金を投入すると、「花音、良かったねー。お姫様だよっ」と言って私をキュッと抱きしめる。
 軽快な音楽と共に、ゆっくりと動き始めた不細工な顔のロバ。


(っ何これ……。……歩いた方が、全然早いよ……)


 ノロノロと歩くロバの背にまたがり、私の背後で嬉しそうにハシャいでいるひぃくん。
 軽快な音楽のせいもあってか、何だか凄くバカっぽい。

 すれ違う子供達は、私達を見て不審そうな顔をする。


「ママー。見て、大人が乗ってるよ?」


 私達を見ながら指を差す女の子に、まるでパレードでもしているかのように笑顔でヒラヒラと手を振るひぃくん。


「白馬に乗った、王子様とお姫様だよー」

「……それ、ロバって言うんだよ」


(ひぃくん……。あんなに小さな子でも、ロバだってわかってるじゃん……っ)


「……お馬さんだよ?」


 そう言ってニッコリと微笑むひぃくんに、不審そうな顔を見せて顔を引きつらせた女の子。


「っ……里香ちゃん、ダメよ」


 近くにいた母親らしき人が、引きつった顔をして女の子を私達から遠去ける。
 それではまるで、私達が不審者のようだ。

 軽快な音楽と共に、ノロノロと動く不細工な顔のロバ。
 その背にまたがり、ニコニコと微笑んで白馬に乗った王子様だと言い張るひぃくん。


(……うん。確かに……、ヤバイ奴かもしれない。一緒に乗っている私も、そうなの……っ?)


 周りから向けられる白い目に耐え切れなくなった私は、思考を手放すとその視線から逃れるようにして上を向いた。


(お願い……っ。何でもいいから、早く終わって……)


 ニコニコと微笑むひぃくんに抱きしめられながら、ノロノロと動くロバの背に乗った白目の私。
 その姿は、周りがドン引くには充分な程に異様で、気付けばあっという間に私達の周りには人がいなくなっていた。

 私達を乗せてノロノロと動くロバは、それから五分程すると静かに動きを止めた。


(地獄のように長い、五分間だった……。何故、私がこんな目に……っ?)


 一刻も早くこの場から立ち去りたかった私は、ロバから降りるとフラフラとおぼつかない足取りで、少し離れた所にいるお兄ちゃん達の元へと向かう。


「……お、お兄ちゃん……っ」

「…………。お疲れ。花音……お前、顔ヤバかったぞ」


 引きつった顔をして、私を見つめるお兄ちゃん。


(……顔? 私の顔なんかより、あの状況の方がよっぽどヤバかったと思うけど……)


「翔っ。写真、ちゃんと撮ってくれたー?」

「あ……まぁ、一応は撮ったけど。……花音の顔が、ヤバイ」


(え……。私、そんなにヤバイの?)


 引きつるお兄ちゃんの顔を見て、ニコニコと嬉しそうに携帯を見ているひぃくんへと視線を移す。


「花音、可愛いーっ」


 携帯を見つめるひぃくんが、嬉しそうな声を上げてニコニコと微笑んだ。
 その写真が気になった私は、ひぃくんの手元の携帯を覗き見てみる。


(え……っ。どこが……っ、可愛いの……? とんでもなくブサイクだよ……っ)


 携帯に映し出されている画面には、真っ青な顔をして白目を剥くーー。とんでもなくブサイクな、私の姿がある。
 その後ろには、ちゃっかりとカメラ目線で笑顔を向けるひぃくんの姿。


「え……。凄く、ブサイク……」

「えー。そんなことないよ? いつも通りに、可愛いよっ」

「……えっ……。いつも、通り……?」

「うんっ。いつも通りー」


 フニャッと笑って、小首を傾げるひぃくん。


(私……っ。いつも……、こんなにブサイクなの……っ?)


 画面に映し出された自分の顔を見つめ、その絶望感に顔を歪める。


「待ち受けにしちゃおーっと」


 嬉しそうにニコニコと微笑むと、そう言って携帯を操作し始めたひぃくん。


「できたーっ! ほら見てっ。花音、可愛いー」


(っ……どこ、が……? それの、どこが可愛いの……っ?)


 ニコニコと微笑みながら、携帯を見せびらかしているひぃくん。
 そこに映し出されているのはーー。

 白目を剥いた、私の顔のドアップ写真。


(何故、ドアップにした……。これが可愛いって……、本気?)


 ニコニコと嬉しそうに携帯を掲げるひぃくん。
 お兄ちゃん達をチラリと見てみると、とてもドン引いた顔で画面を見ている。


(ひぃくん……。お願い、やめて……。みんな引いてるよ……っ。どうかしてるよ、そのセンス……)


 絶対に待ち受けは解除してもらおう。
 そう堅く心の中で思いながらも、目の前に映し出されたブサイクな自分の顔をジッと見つめる。


(これが……っ、私の、いつも通りの顔……。本当、に……? 私……、こんなにブサイクなの……っ?)


 顔面蒼白で引きつった私は、小さく笑い声を漏らすと薄く笑みを浮かべる。


(死にたい……。私、めちゃくちゃブサイクじゃん……っ。ひぃくん……こんな私の、どこが好きなの? なんか……っホント、ありがとう)


 ニコニコと微笑むひぃくんに視線を移すと、私は笑顔を引きつらせながらも、心の中でそう感謝したのだった。




0