美少女は保護られる〜私の幼なじみはちょっと変〜

 前の話

23 恋人はサンタクロース②

次の話 
ーーーーーー


ーーーー





 帰宅途中でXmasケーキを買ってきた私達は、家の前へ着くと足を止めた。


かける、まだみたいだねー?」

「本当だね。良かったぁ」


 真っ暗な家を眺めて、ホッと息を吐く。
 お兄ちゃんが居たとしても、コッソリと家の中へ入ればきっとバレはしないと思う。だけど、居ないに越したことはないのだ。

 そのまま門に手を掛けて中へと入って行こうとすると、繋いだままだった右手を軽くクイッと後ろへ引かれる。


「ひぃくん……? 」


 振り返った私は、ひぃくんの謎の行動に首を傾げた。


「今日は、こっちだよ?」


 ニッコリと微笑んだひぃくんは、私を連れてそのまま自分の家へと向かうと玄関扉を開いた。
 いつもひぃくんが我が家に入り浸っているせいか、私がひぃくんの家を訪ねるのは随分と久しぶりな気がする。


(……最後に来たのって、いつだろう? 何だか少し、緊張するなぁ)


「お邪魔します……」

「いらっしゃーい」


 私の気持ちを知ってか知らずか、呑気な声を出してニコニコと微笑むひぃくん。
 そのまま自室へと案内されると、ベッドの上に腰を下ろしてキョロキョロと室内を見渡す。


「……全然、変わってないなぁ」


 そう小さく呟くと、昔の記憶とさほど変わらない室内に緊張がほぐれてゆく。


「お待たせ〜」


 軽快な声を響かせながら、開かれたままの扉から顔を覗かせたひぃくん。
 ニコニコと微笑むひぃくんの手元を見てみると、ジュースの入ったグラスと食器を持っている。

 そのままテーブルの方へと向かうひぃくんを見て、それにつられた私はテーブルの前へと座り直した。


「おばさんとおじさんは?」

「デートしてるよ」

「相変わらず、仲良しだね」


 ケーキをお皿に移し替えるひぃくんの姿を眺めながら、おばさん達を想像してクスクスと笑い声を漏らす。


「俺達も今日デートしたから、仲良しだねっ」

「うん」


 フニャッと微笑むひぃくんにつられて、とろけた笑みを浮かべる。

 思えば、付き合ってから二人きりで外出したのは、今日が初めてかもしれない。


(いつも、何故かお兄ちゃんが着いて来るし……。今日はお兄ちゃんが居なくて、本当にラッキーだなぁ)


 そう思うと、何だか余計にニヤケ顔が止まらない。


「じゃあ、食べよっかー」


 隣に座ったひぃくんが私を見てフワリと微笑むと、グラスを持ち上げて私の方へと近づける。
 それにならってグラスを持ち上げた私は、隣に座るひぃくんへ向けて近付けた。



 ーーーカンッ



「「メリークリスマス」」


 重なった声に、自然と笑い声が漏れる。


(なんて幸せな、クリスマスなんだろう……)


 さっきから、ニヤケ顔が止まらない。
 緩みっぱなしの頬を抑えて、目の前で幸せそうに微笑んでいるひぃくんを見つめる。

 好きな人と二人きりで過ごす、初めてのクリスマス。そんな特別な夜に、幸せを感じる。
 その幸福感に一人酔いしれる私は、緩んだ顔のまま目の前のケーキへと視線を移すと、美味しそうなケーキにフォークを突き刺したのだった。






※※※






「花音。左手出して?」


 ケーキを食べ終わった後、唐突にそう告げたひぃくん。


(……左手? 何で?)


 不思議に思いながらも左の掌を差し出すと、クスリと笑い声を漏らしたひぃくん。


「違うよー、こっち」


 私の手を取ったひぃくんは、優しくその手をひっくり返す。


「いつか、ホンモノ買ってあげるからね」


 そう告げたひぃくんは、フワリと微笑むと私の左手薬指に指輪をはめた。


「えっ……!」

「クリスマスプレゼント。毎日、必ずつけてね」


 フニャっと笑って小首を傾げるひぃくん。


「嘘……っ。私、何もプレゼント用意してないよ……」


 毎年、お兄ちゃん達としているクリスマスパーティーでは、皆で豪華な食事をして美味しいケーキを頬張る。ただ、それだけだった。
 プレゼントなんて用意した事などない。

 それでも、ひぃくんは毎年何かしらのプレゼントをくれていた。……今思い返せば、そうだった気がする。
 毎年くれていたのに、今まで一度も用意した事のない私。


(最低だ……)


 習慣とは怖いもので、今年も皆でクリスマスパーティーだとばかり思っていた私は、プレゼントのプの字も思い浮かばなかったのだ。


「大丈夫だよー、花音。ちゃんと用意してあるから」


 自分の失態に打ちひしがれていると、私の頭を優しく撫でたひぃくんがニッコリと微笑んだ。
 そのまま立ち上がって、クローゼットの方へと歩き出したひぃくん。


(……? ひぃくんへのプレゼントを、ひぃくんが用意した……? そんな事って、できるの? ……それって、私からのプレゼントって言えないんじゃ……)


 ゴソゴソとクローゼットを漁るひぃくんの背中を眺めながら、ボンヤリとそんな事を思う。

 プレゼント……? らしき袋を抱えて、ニコニコと戻って来たひぃくん。


「はいっ。これだよー」


 私の隣に座ると、抱えていた袋を差し出す。


(……何だろう?)


 差し出された袋を受け取ると、綺麗に結ばれた紐を解いてゆく。


「これって……。サンタクロース?」


 袋の中身を覗いてみると、そこに入っていたのはこの時期定番の、真っ赤なサンタクロースの衣装だった。


「うんっ。花音は、サンタさんだよっ」

「え……? 」


 嬉しそうにニコニコと微笑むひぃくんを見て、改めて手元の衣装へと視線を向けてみる。


(これを着ろって事……、なのかな? それがプレゼントになるの?)


「これを着ればいいの?」

「うんっ」


 私の問いに、嬉しそうにフニャッと笑って答えたひぃくん。


(……そんな事でいいの?)


 一体何が入っているのかと、実は不安に思っていた私。見たところ、よくある普通のサンタクロースの衣装のようだ。
 ひぃくんからの提案には驚きはしたものの、意外にもまともな衣装でホッとする。


(これがひぃくんへのプレゼントになるなら……。特に断る理由もないよね)


 期待に瞳を輝かせているひぃくんを見て、思わずクスリと笑みが漏れる。


「うん。わかった」

「本当っ!? やったー」


 一瞬、瞳を大きく見開いて驚いた顔をみせると、とても嬉しそうにニコニコと微笑むひぃくん。


「じゃあ、廊下にいるから。着替え終わったら教えてねっ?」


 今にもスキップでも始めそうな勢いのひぃくんは、それだけ告げるとウキウキとした軽やかな足取りで扉へと向かって歩き始める。
 私はその嬉しそうな背中を黙って見送ると、ひぃくんが出て行った扉を眺めてクスクスと笑い声を漏らした。


(まるで、小さな子供みたい。そんなに着て欲しかったんだ……)


 そんな事を思いながら、自分の着ている服を脱ぐと着替えを始める。




0