美少女は保護られる〜私の幼なじみはちょっと変〜

 前の話

25 煩悩はつまり子煩悩?①

次の話 
※※※





 ソワソワと落ち着かない様子で、チラリと掛け時計に目を向ける。


(……ひぃくん、まだかなぁ。彩奈はもうとっくに来てるのに……。斗真くん達との約束の時間まで、あと三十分しかないよ)


 ーー大晦日の今日。

 皆でカウントダウンに行く約束をしている私は、未だに姿を現さないひぃくんに焦りを感じ始めていた。
 斗真くん達と待ち合わせをしている駅までは、自宅から出発すると二十分はかかってしまう。


(もう、ギリギリだよ……)


 痺れを切らした私は、椅子から立ち上がろうとテーブルに手を付いた。


「……私、ちょっと迎えに行っーー」

「ダメ」


 間髪入れずにそう告げると、ギロリと鋭い視線を向けたお兄ちゃん。
 私は顔を痙攣ひきつらせると、立ち上がりかけていた腰を下ろして椅子へと座り直す。


(そ……っ、そんなに怖い顔しなくたっていいじゃん。ちょっと迎えに行くだけなのに……)


 ちょうど一週間前のクリスマスの日以来、ひぃくんの家への立ち入りを禁止されてしまった私。

 ーー正直、あの日は私も助かった。
 だけど、あの日のお兄ちゃんを思い出すと……。今でも恐ろしい。
 それを思い出した私は、あまりの恐怖にブルリと身体を震わせた。


「寒いの?」


 震える私に気付いた彩奈が、心配そうに私の顔を覗き込む。


「だっ、大丈夫だよ? ヒートテック、二枚も着てるし」


 心配させまいとニッコリと微笑んで返事を返すと、彩奈の隣に座っているお兄ちゃんが口を開いた。


「アイスココアなんて飲んでるからだろ? ほら。風邪ひくなよ」


 呆れたような顔をしながらも、自分の飲みかけの紅茶を私に向けて差し出すお兄ちゃん。
 湯気が出ていてとても熱そうだ。


「あ、ありがとう……」


(震えたのは、貴方のせいです)


 ……なんてことは、口が避けても言えない。
 暫くは、このトラウマが続きそうだ。

 ヘラリと痙攣った笑顔を見せた私は、熱々の紅茶にフーフーと息を吹きかけるとコクリと一口飲み込んだのだった。






※※※






 その後、なんとか時間ギリギリで間に合った私達は、無事に斗真君達と合流すると目的地だった神社へとやって来た。


「……うわぁーっ! やっぱり、凄い混んでるねっ!」


 カウントダウンの為に集まった多くの人集ひとだかりを見て、大きく感嘆の声を上げる。
 先の見えない行列を眺めた後、とりあえず最後尾らしき列に並び始めた私達。


(ここって、まだ神社の入り口付近だよね?)


 キョロキョロと辺りを見回してみても、先頭の様子なんてちっとも分からない。
 諦めた私は、今度は参道脇に並んだ何件もの出店を物色し始めた。


(……どれも、とっても美味しそう)


 その美味しそうな食べ物の匂いにつられて、クゥーッと音を鳴らした私のお腹。


(お腹空いたなぁ……)


 ペコペコになったお腹を摩りながら出店をジッと眺めていると、そんな私に気付いたひぃくんが話しかけてきた。


「お腹空いちゃったねー。何か、買いに行こっか?」

「うんっ!」


 勢いよく頷くと、そんな私を見てクスリと微笑んだひぃくん。


「並んでおくから、買いたい人は行って来ていいよ」


 私達のやり取りを横で見ていたお兄ちゃんは、斗真くん達に向けてそう告げると優しく微笑んだ。


「「ありがとうございます」」


 お兄ちゃんの言葉を受けて、ペコリと軽く会釈をする斗真くん達。

 結局、お兄ちゃんと彩奈だけを残して出店に向かう事にした私達は、それぞれが目当ての出店へと向かって散り散りに歩き始める。
 勿論、私はひぃくんと一緒に。

「適当に二人分買ってきて」と言われて、お兄ちゃんから渡された五千円札をポケットへとしまうと、目の前に立ち並ぶ出店を眺めてキョロキョロとする。


(何食べようかなー? こんなにあると、迷っちゃうなぁ)


 そんな事を考えながらも、緩んだ顔をニヤケさせる。


「ーーねぇねぇ、花音ちゃん。花音ちゃんのお兄さんて……、凄いイケメンだよねっ」


 私のすぐ傍へと近寄って来た志帆ちゃんが、そう小さく耳元で囁く。


「お兄さんてさ、彼女いるのかな?」

「んー……。どうなんだろう?」


 そんな曖昧な返事を返しながら、チラリと隣を見てみるとーー。
 ほんのりと赤く頬を染めた志帆ちゃんが、「カッコイイなぁ〜」なんて言いながらニヤニヤとしている。

 クリスマスイブの日に、何処へ出掛けていたお兄ちゃん。


(……彼女でも、いるのかなぁ?)


 チラリと後ろを振り返ると、少し離れた先で彩奈と二人で列に並んでいるお兄ちゃんを眺める。


(私にはダメって言ってたくせに……。自分だけ堂々とクリスマスデートなんてしてたんなら、許さないんだからっ!)


 自分だって、コッソリとひぃくんとのデートを楽しんでいたというのに……。
 そんな事も忘れてプンプンと怒った私は、彩奈と楽しそうに話しているお兄ちゃんを眺めて頬を膨らませる。


「花音。どうしたの?」


 私の顔を覗き込みながら、小首を傾げてクスクスと微笑むひぃくん。


「…… ううん。何でもないよ」

「ちゃんと前見てないと、危ないよ?」

「うん」


 ひぃくんに向けてニッコリと微笑むと、目の前に差し出されたひぃくんの手を握った私は、再び出店に向かって歩みを進めたのだったーー。



0