美少女は保護られる〜私の幼なじみはちょっと変〜

 前の話

29 君とハッピーバレンタイン②

次の話 
※※※





 ーーその日の夕食後。

 リビングのソファでくつろいでいた私は、すぐ隣に座っているお兄ちゃんをチラリと見て口を開いた。


「ねぇ、お兄ちゃん。お兄ちゃんて……、どんな女の子が好きなの?」

「……は?」


 その唐突な質問に、怪訝そうな顔を見せるお兄ちゃん。


「なんで?」

「えっ!? ……べ、別に!? 何となく……、気になっただけ」

「……へー」


 慌てた私を怪しく思ったのか、目を細めてチラリと流し見るお兄ちゃん。


(うっ……。明らかに怪しまれている。どっ……ど、どうしよう……)


 いきなり、ピンチに追い込まれてしまった。


(……あっ!)


「そっ……、そういえばっ! イヴの日、お兄ちゃん何処に行ってたの!?」


 前から気になっていた事を質問してみると、何とかその場を誤魔化そうとしてみる。


「……何処だっていいだろ」

「良くないよっ! 私にはデート禁止したくせにっ !」

「結局、俺に黙ってデートしてただろ」


 ギロリと睨まれ、何も反論できない……。


(はい、仰る通りです……。あの時のお兄ちゃんは、猛烈に恐ろしかったのを……今でもハッキリ、覚えています)


 それを思い出した私は、口元をピクリと痙攣らせると、お兄ちゃんの視線に耐えかねて顔を背ける。


(私はただ……っ。彩奈の為に、お兄ちゃんの好みを聞き出そうとしただけなのに……)


 気付いたら、お兄ちゃんにお説教されているみたいな状況になってしまった。


(一体、何故……?)


 これでは、とても彩奈に協力なんてできそうにない。自分の不甲斐なさにキュッと唇を噛んで俯く。
 すると、そんな私を見たお兄ちゃんが小さく溜息を吐いた。


「……別に、誰かとデートしてたとかじゃないから」


(……えっ?)


 お兄ちゃんのその言葉に、勢いよく顔を上げると隣に視線を向けてみる。
 テレビ画面を見つめながら、それでも私に向けて語り続けるお兄ちゃん。


「クラスの奴らに、呼び出されただけ。でも、思い出したくないから話したくなかったんだよ」

「そう、なんだ……」


 あの日を思い出しているのか、ウンザリとしたように大きく溜息を吐いたお兄ちゃん。


(一体、何があったんだろう……)


 気にはなるものの、隣で疲れきった様な顔を見せているお兄ちゃんを見て、何だか気の毒になってくる。

 当初の目的であった、好みのタイプはまだ聞き出せてはいないものの、イヴに誰かとデートしていた訳ではないと知ってホッとする。


「お兄ちゃんて……。今、彼女いないの?」


 これだけは、念の為に確認しておかないといけない。
 彩奈がお兄ちゃんからフリーだと聞いたのは、どうやら秋頃の話しらしい。


(もしかしたら……。今は、彼女がいるかもしれないし)


 そんな不安があった私は、コクリと小さく唾を飲み込むとお兄ちゃんの返事を待った。


「夏頃から、ずっといないよ」

「……! そうなんだっ! 良かったね!」


 お兄ちゃんの言葉に、思わずパッと笑顔を咲かせる。


(っ……良かったね、彩奈っ! お兄ちゃん、彼女いないってよ!)


 嬉しそうにニコニコと微笑む私を見て、不審そうに目を細めたお兄ちゃん。


「何が、良かったんだよ?」

「……ぅえっ!? あっ、いやー……。だって、大変でしょ? 彼女がいると……、色々とっ!」


 思わずお兄ちゃんの前で『良かった』なんて本音を零してしまった私は、アハハと笑ってなんとかその場を誤魔化してみる。


「彼女がいなくたって、毎日大変だよ……」


 そう言って、小さく溜息を吐いたお兄ちゃん。


(……?)


「花音の面倒を見るので手一杯なんだよ、俺は。……彼女なんて、作ってる暇ないだろ」

「……えっ!?」


(わっ……、私っ!? 私のせいで、お兄ちゃんは彼女を作らないの!? そ、それじゃあ……彩奈は? 彩奈の気持ちは……、どうなるの?)


 お兄ちゃんの言葉に、ショックで固まってしまった私。


(まさか……。協力するどころか、私が彩奈の邪魔になっちゃうなんて……っ)


 応援するなんて言っておきながら、まさか自分が足を引っ張る事になるとは思ってもいなかった。

 お兄ちゃんに告白すると言っていた時の、照れながらも幸せそうに微笑んでいた彩奈。そんな姿が、脳裏に思い浮かぶ。


(私は……。そんな彩奈の足を……っ、引っ張ってしまうの? そんなの……、絶対に嫌っ!)


 そう思った私は、もの凄い勢いでお兄ちゃんの腕にしがみ付くと、お兄ちゃんの服をギュッと掴んで口を開いた。


「……そんなの嫌っ!! 絶対にダメッッ!!」


 突然の大声に、驚きを隠せないお兄ちゃん。


「ヤダッ!! ……お兄ちゃんっ! 彼女作ってよぉーっ!!」


 ユサユサと身体を揺すりながら必死に懇願すると、そんな私の姿にギョッとした顔を見せるお兄ちゃん。


「突然、何なんだよ……」

「やだやだやだーっ!!」


(彩奈は私の、親友なんだから……っ! 絶対に足なんて引っ張りたくないよっ! ……絶対に嫌っ!!)


「……っ。なんで泣くんだよ……」


 ついに泣き出してしまった私を見て困ったお兄ちゃんは、優しく私を抱き寄せるとポンポンと頭を撫でてくれる。


(お願いだから……っ、彩奈を傷付けないでっ。……私の、大切な友達なの。お願い……、お兄ちゃんっ……)


 結局、無力な私は心の中でただそう祈る事しかできないのだ。


「一体どうしたんだよ、花音……」


 お兄ちゃんの腕の中で、ギュッと服を掴んだままグズグズと泣き続ける私。
 そんな私に困惑するお兄ちゃんは、一度小さく溜息を吐くと、私が泣き止むまでずっと優しく頭を撫で続けたのだったーー。





0