美少女は保護られる〜私の幼なじみはちょっと変〜

 前の話

33 何度でも、君に恋をする②

次の話 





「おばさんっ、おじさんっ。お帰りぃー」


 ヒラヒラと手を振りながら、ニコニコと嬉しそうに微笑んでいるひぃくん。


(……ん? その手に持ってるのは、まさか……っ)


 何やら、右手に一枚の紙を持っているひぃくん。
 その姿に嫌な予感を感じて、サーッと青ざめてゆく私の顔。


「ただいま、ひぃくん。花音と仲良くしてた?」

「おぉ、響! ただいま。お前は相変わらずイケメンだなー。……まぁ、翔も俺に似てイケメンだけどなー」


 そんな事を言いながら、呑気にニコニコと微笑んでいるお母さん達。
 そんな二人に向けてニッコリと微笑んだひぃくんは、右手に持った紙をピラッと開くと胸元で掲げた。


「花音を、お嫁さんにくださいっ!」



 ーーー!!?



 フニャッと笑って小首を傾げるひぃくん。その胸元には、ひぃくんの署名入りの婚姻届が……。

 突然の婚姻届を前に、驚いた顔をして固まってしまったお母さん達。
 今にも目玉が落ちてしまいそうな程に目を見開くと、目の前の婚姻届を穴が空くんじゃないかってぐらいに凝視している。


(えっ……。何、してるの……? ひぃくん……っ)


 全員が驚いた顔を見せる中、私は顔面を真っ青にさせるとその場で固まった。


「花音には、高校卒業してからって言われてるんだけどね。……おばさん達に、まだ言ってなかったからっ」


 そんな説明を告げながら、呑気にニコニコと微笑んでいるひぃくん。


(そんな事、今言う事じゃないよね……? 大体、付き合ってるのだってまだ報告してないのに……っ。ひぃくんのバカっ)


 固まったまま婚姻届を凝視していたお父さんは、まるで今にもギギギギッと効果音が聞こえてきそうな動きで顔を上げると、驚きに見開かれた瞳でひぃくんを見つめた。
 
 次の瞬間ーー。
 もの凄い勢いでひぃくんの肩をガシッと掴むと、その勢いのまま口を開いた。


「……でかした、響っ! やっとか……っ、やっとだな〜! 良かったな〜、響っ!」


 そう言って、嬉しそうな顔を見せるお父さん。


(……え?)


「ひぃくん、良かったわねぇ……。私も嬉しいわ。一時期はどうなる事かと……。花音たら、少し鈍ちんさんだから」


 ホロリと目尻を流れる涙を拭ったお母さんは、そう言うと嬉しそうに微笑む。


(え……何? 何なのこれ……っ?)


 ひぃくんの突然の結婚宣言に、どうやら喜んでいるらしいお母さん達。
 目の前で繰り広げられている展開についていけない私は、呆然とその場に立ち尽くす。

 勿論、それはお兄ちゃん達も同じだったようで、ポカンと口を開けて間抜けな顔をしている。


(いや……、百歩譲るよ? だってひぃくんだもん。百歩譲って、いきなりの結婚宣言は許すよ。でも……普通、「◯◯さんをお嫁さんに下さい!」って正座で頭下げるものじゃないの……?) 


 こんな、いきなりヘラヘラと笑いながら「お嫁さんにください」「良かったねー」なんて可笑しな展開は、ドラマでも見たことがない。


(大体、何で私にじゃなくひぃくんに「良かったねー」なんて言うのよ……)


「ーー花音っ!」



 ーーー!?



 突然のお父さんのドアップに驚き、思わず一歩後ずさる。


「良かったなー! 響と花音の子供なら、きっともの凄く可愛いぞっ!? お父さん、楽しみだな〜!」


 私の頭を優しく撫でながら、そう言ったお父さん。


「……っこ、こどっ……!?」


 いきなりの子供発言に、驚いた私は目の前のお父さんを凝視する。


(何、言ってるの……っ? お父さん……)


「子供はまだ早いんじゃないかしら……。だって、花音はまだ高校生よ?」

「何言ってるんだよ。若い内に産んだ方が子供と一緒に遊べるだろ? 俺だって、元気な内に孫と遊びたいしな」


(……っ、いやいや。何言ってるんだよ、はどう考えたってお父さんの方でしょ……)


 高校生の娘に、早く子供を産めなんて言う親……私は聞いた事がない。


「それもそうねぇ……」


(え……っ? 納得しちゃった、の? お母さん……)


「よしっ! どんどん子作りに励めよっ!」


 そう言って私の背中をバシバシと叩くお父さん。その力に、思わずよろめく。

 そんな私を優しく抱きとめたひぃくんは、私と視線を合わせるとニッコリと微笑む。


「子作り、楽しみだね〜? 花音っ」



 ーーー!?



(こっ……、子作り!? そっ、そそそそ、それってつまり……、エ、エ、エッチの事でしょ!?)


 そこまで考えると、ボンッと噴火したように真っ赤になった私の顔。


「ンなっ……!? な、なななな、何言ってるのっ!? こっ、子作りなんてっ……、私しないよっ!!?」


(はっ……、恥ずかしい……っ! 何でこんな話し、よりにもよって両親の目の前で話さなきゃならないのよっ……!!)


「まぁまぁ……。そんなに照れるな。可愛いな〜、花音はっ」


 ポンッと私の頭に手を乗せて、デレデレと微笑むお父さん。


「照れちゃって可愛いね〜、花音っ」


 フニャッと笑ったひぃくんは、そう言うと私の頬をツンッとつつく。


(きょっ、強烈すぎる……。ひぃくんが二倍だ……っ)


 真っ赤になった顔のまま、あまりの恥ずかしさから涙が出そうになる。


「ハァ……。もういい加減にからかうのやめろよ、父さん」


 突然、大きな溜め息と共に会話に入ってきたお兄ちゃん。
 その声に反応して、お父さんはクルリと後ろを振り返る。


「……いやぁ〜、つい。花音が可愛くてな」


 アハハと笑ってお兄ちゃんを見たお父さんは、その横にいる彩奈にチラリと視線を向ける。


「翔も、子作りに励めよ? 彩奈ちゃんならいつでも大歓迎だよ、俺は。……相変わらず美人さんだね〜、彩奈ちゃんは」


 真っ赤になる彩奈を見て、デレデレとするお父さん。


(……ほんと、辞めて頂きたい。彩奈……っ、何かごめん。セクハラで訴えてくれてもいいからね?)


 私のとばっちりを受けるハメになってしまった彩奈に同情すると、申し訳ない思いを胸に彩奈を見つめる。


「だから、からかうなって言ってるだろ……」


 呆れた顔をしながらも、自分の背後に彩奈をかくまうお兄ちゃん。


(何だか彩奈、真っ赤な顔をしながらも嬉しそうだなぁ……。素敵すぎかよ、お兄ちゃん)


 チラリとひぃくんを見上げると、私の視線に気付いたひぃくんがフニャッと微笑む。


(……ひぃくんだって、素敵だもん。デリカシーはないし、頭のネジは緩んでるし、ちょっと変だけど)


 そんな悪口ばかりを思い浮かべながらも、ひぃくんを見上げてヘラッと笑う。



0